Wie steht’s um das Image der Forstwirtschaft?

6. September 2016

ドイツでは人々の林業に対する印象は良くなっているという。

ドイツに住む人々は、自分達の住む場所の自然環境には特に敏感だと思う。みんな、散歩や運動のために森を頻繁に訪れ、それぞれが好きなように時間を過ごす。そんなドイツの人々が森そのものに関心を持つことは自然なことで、その森を管理している者に対する印象は様々ある、それも自然なことだと思う。プリミティブな自然保護派が比較的多いドイツであるにも関わらず、林業に対する印象は数十年前に比べ良くなっている。なぜその変化が起きたのか。産業としての利益がそうさせているのか、相手を理解しようとする努力の成果か、ドイツお得意の理論の積み重ねで民意を上手くまとめているのか。

フォレスターの信頼度が飛びぬけて大きいことも驚きだけど、林業自体の重要性とか大きな責任がある仕事だとか、それを多くの人々が認識していること、というよりも、日常で林業と関係なく過ごしている人でもフォレスターという専門家がいることを知っていることはやっぱりすごいことだと思う。

全てではないが、林業への理解が深まれば、森が豊かになって、森が豊かになれば、森を訪れる人が増える。森を訪れる人は自分の目で身体で森を感じる。林業も身近になる。こんな良い循環がやっぱりドイツの森では見えるような気がする。

Wie steht’s um das Image der Forstwirtschaft?
grafik_wahrnehmung

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA