Die Holzlüge (木材利用のウソ)

19. Dezember 2016

再生可能エネルギーのひとつとして注目されている木質バイオマス。木質バイオマスを燃料とするボイラーやストーブの導入が進んでいるのは日本だけではない。地域の資源を利用し自給自足かつ持続的に地域の熱供給に役立てる、いわゆる「持続可能社会」でたびたび描かれる絵がある。これは、いつも白書の見出しを飾る政府が進める政策のひとつ。

ドイツでは1,500万台の暖炉やストーブが保有されている上に、毎年40万人の新たな所有者が増えている。人口が8,000万だからやはりすごい数だろう。その需要が増えるに伴い、燃料となる木材の値段は上昇し、良い木を安く手に入れたい人々は表面的な相場で購入を判断する。この勢いに対して、既に木材調達がドイツ国内だけでは飽和状態に近く、どこから原料を得るのかが課題となっている。ドキュメンタリーでは東ヨーロッパ、特にブルガリアから違法木材が安く輸入されているストーリーを追ってる。現地を調査した記者は、環境に優しいグリーンエネルギーのイメージをもつ木質バイオマス利用が、逆に違法な伐採を促す原因のひとつとなっていることを皮肉的に指摘する。

ある意味で、木材もやはり有限の資源ではないか。ドキュメンタリーの中でも、記者の取材に抵抗する人がでてくるように、違法木材の貿易が昔より少なくなったけど今もなくならいように、地域資源を地域のために循環させようと必死に頑張ってる人がどこかで躓くように、誰かが有限の資源を私欲から扱おうとしている現われではないか。再生可能だが、決して無限ではない木材資源を利用する仕組みづくりは大切だけど、それだけではいけない。ドイツで今起きている現象は、このままいくと日本でもきっと起こる。

Borkenkäfermonitoring in Bayern

バイエルン州林業試験場のWebサイトでは病害虫モニタリングの情報が公開されています。

対象はBuchdrucker と Kupferstecher です。
まとめてBorkenkäferと呼ばれています。

2015年8月24日現在、3月末の暴風被害の影響もあり、全体的に「Warmstufe(警告レベル)」以上が目立ちます。

Borkenkäfermonitoring in Bayern
Borkenkäfermonitoring

日本も、年によってはカシノナガキクイムシやマツノザイセンチュウによる森の被害が見られますが、こういった目に見えるリアルタイムなマップがあれば森林管理だけではなく、情報公開共有の面でも役に立ちそうですね。

【Präsentation】 Die Abschätzung des Süßwasserfisch Vorkommens innerhalb des Koto Flachlandes in Shiga, JAPAN

In diesem Artikel halte ich ein Ergebnis Untersuchungens über die Abschätzung des Süßwasserfisch Vorkommens innerhalb des Koto Flachlandes in Shiga, Japan.

Zuerst werde ich Ihnen eine Einführung bieten indem ich die detailierten Gegebenheiten erläutere und auf die Absicht näher eingehe. Darauf möchte ich das Gebiet, welches untersucht worde, und die Forschungsmethoden vorstellen. Das sich daraus ergebende Resultat welches Auskunft über das Fischvorkommen und seine Gründe gibt, sowie die Umwelttechnischen Daten folgen und die Konklusion daraus bilden den Abschluss meines Vortrages.

Wie bereits gesagt werde ich zuerst die Absichten hinter dem Projekt klären. Hauptsächlich sollte es Antworten auf Fragen die vorherrschenden Lebensumstände, verschiedenen Einflüssen, welche auf diese wirken und das Vorhandensein der Einflüssen, sowie die weitere Entwicklung betreffend, geben.

Japan als Land in welchem die nachforschungen stattfanden und ganz besonderst die Präfektur Shiga, möchte ich genau vorstellen. Japan ist der östlichste Staat der zu Asien gezählt wird und hat auf eine Fläche von fast 380.000 km2, was ungefähr der größe Deutschland entspricht, eine Einwohneranzahl von fast 130 Mio. Es gilt als ein sehr gebirgiges und flussreiches Land.

Die Präfektur Shiga selbst befindet sich relativ mittig und erstreckt sich über eine Fläche von 4,017 km2 und hat eine Einwohneranzahl von fast 1,4 Millionen. Shiga ist umgeben von einem ungefähr 1,000m hohen Gebirge und beheimatet den grössten See Japans, den Biwa See. Der hier rot markierte Bereich stellt das untersuchte Gebiete dar.

Das untersuchte Gebiete, hier weiß, befindet sich in Koto Flachland der Shiga Präfektur. Die gelben Lienen sind Höhenlienien welche 50m voneinander versetzt zu betrachten sind und die blauen Lienien stehen für die vorhandenen Flüsse. Diese Flüsse sind ausschlaggeben für die geographischen Formgebung dieses Gebietes.

Jetzt sehen Sie einen Querschnitt des Koto Flachlandes der von der Japanischen Regierung unter verwendung von 50m DEM (Degital Elevation Model) erstellt worde. Wieder ist das betrachtete Gebiet rot hervorgehoben und alpha, beta stellen zwei verschiedene Punkte dar. Von alpha zu beta wird dar Querschnitt betrachtet. Das betrachtete Gebiet befindet sich, wie man gut erkennen kann, an einer niedrigen stell, welche jedoch eine geringe neigung vorweist.

Da der Ort und seine Besonderheiten geklärt sind, komme ich zur genaueren vorstellung der Nachforschung an sich. Die Forschungsarbeit fand in einem Zeitraum von 4 Jahren, jeweils von April bis Juni, 2006 bis 2009 statt. Einmal die Woche, jeden Montag wurde eine 1,4 km2 weite Areal, die sich vom Uso über den Inukami, die Toukaido Zugverbindung bis zum Biwa See erstreckt, untersucht. Wir fingen Fische mithilfe eines Netzes und stellten Temperatur und flow rate des Ortes fest. Dies fand im Rahmen des Field Work der Präfekturuniversität Shiga, welches ein Teil des Unterrichtes ist statt.

Die gesammelten Daten wurden mithilife des GIS (Geographical Information System) zusammengeführt, analysiert und dann in einer Karte deutlich verarbeitet.

Dies sind die Daten, die aus 4 Jahren forschen hervorgingen. Alles in allem sind es 308 Plätze und 30 Fischarten.

Die Daten ließen eine deutliche Tendenz der bevorzugten Lebensgebiete von 8 Fischarten erkennen. Diese erläutere ich nun genauer, doch da die Bezeichnungen der Fischarten sich nicht zum übersetzen eignen, werde ich die wissenschaftlichen Bezeichnungen verwenden.

Als erstes der Rhinnogobius, welcher an 148 Orten anzufinden war, was ein relativ weites Gebiet darstellt. Des weiteren wurde er in großer Anzahl gefangen. Aus diesen Karte ergab sich die Vermutung das er im Unterlauf in größerer Anzahl vorhanden ist.

Die nächste Art, Misgurunus anguillicaudatus wurde wieder in einem weiten Gebiet, 55 Orten gefunden.

Der Cobitis biwae fand sich nur an 22 Plätzen, damit stellt sich die Frage, ob er in einem noch weiteren gebiet, verstreut anzufinden ist.

An weiteren 54 Orten erschinen der Odontobutis obscura, wobei 70% der Fundorte in Hinatsu lagen und auch im benachbarten Kanal konnten viele gefangen werden. Die Frage ich nun ob dies auf eine große Anzahl von Quellen in der Nähe der Siedlung schließen lässt.

Oryzias latipes zeigte sich an 34 Orten, da lagen wieder 80% in einem Kanal in der Nähe des Inukami, auch neben Kanro war die Anzahl relative hoch.

Die Fischgattung, Tanakia limbata konnte an 21 Orten gesichtet werden, diese waren im Umkreis von Hinatsu und Kanro. Darüber hinaus ist zu erwähnen, das diese Art eine bestimmte Muschel braucht, in der sie ihren Leich ablegen kann um sich fortzupflanzen. Obwohl diese Muschelart weit verbreitet ist, beschränkt sich das Vorkommen des Tanakia limbata auf eine kleinere Fläche.

Micropterus salmoides und Lepomis macrochirus sind zwei Arten, deren wurzeln nicht in Japan liegen. Die Fundorte waren eher dar, 13 Stück in einem benachbarten Sumpfland des Biwa Sees, welches mäßige Strömung besitzt.

Zacco waren an 44 anzutreffen, 70% davon lagen in Hinatsu, rest im umkreis der Siedlungen.

Der Phoxinus logowskii steindachneri war nur an 8 Orten zu finden, daher ergibt sich die Frage ob im weiteren Umkreis der alten Siedlung Hinatsu zu finden sein könnte.

Hier sehen Sie die monatsweise gemessene Wassertemperatur an der Fundorten. Im April konnte man obwohl der unterlauf niedrig ist eine Temperatur zwischen 16 Grad und 22 Grad feststellen. Die Außentemperatur war niedrig und es war kurz vor der Erntezeit. Es wäre wohl ratsam das Gebiet auszuweiten.

Im Mai konnte man das Gebiet in 3 Teile untergliedern, der Umkreis der Tokaido Lienie mit unter 20 Grad, der Umkreis der dorf Hinatsu mit 16 Grad und 22 Grad und die Reisfelder entlang des Inukami deren Temperatur zwischen 16 Grad und 28 Grad lag. In den Bereichen um Tokaido und Hinatsu ist anzunehmen das viele Quellen vorhanden sind, während in der nähe der Reisfelder, deren Abfluss in den Fluss Auswirkungen auf die Temperatur haben könnte.

Die Tendenz im Juni entspricht der Tendenz im Mai, wieder untergliedern wir die Gebiete, diesmal jedoch nur in 2 Teile. Den umkreis des Hinatsu mit 16 Grad bis 22 Grad und die Reisfelder entlang des Inukami mit 19 Grad bis 29 Grad. Wieder stellt sich die Frage ob es im Umkreis von Hinatsu viele Quellen gibt und ob der Abfluss der Reisfelder in den Fluss auswirkungen auf die Temperatur hat.

Auf dieser Folie erkennt man Flow Rate, Fluss-Kanalweite und Fluss-Kanaltiefe. Je größer die Markierung ist, desto größer ist auch der wert den er darstellen soll.

Dies zeigt den COD, welcher ausschließlich im Jahre 2008 und 2009 gemessen wurde. Im Umkreis von Hinatsu waren eher niedrige Werte während im Umkreis der Reisfelder die Werte eher hoch waren.

Zusammengefasst ergibt sich das das Vorkommen der Fische wohl von der Wassertemperatur beeinflusst wird. Damit lassen sich die Arten auch in 3 Gruppen unterteilen.

Hier die Topographische Karte von 1982 und die Siedlungskarte von 1893 zu einer zusammengefügt. In einem höher gelegenen natürlichen Damm der Hochwasserebene finden sich eine Häufung von Siedlungen, welche einen guten Wasserabfluss besitzt. Desweiteren bilden Kawasebaba, Morido, Kongoji, die Spitze des Flussdeltas, in welchem viele Quellen liegen.

Das nun gezeigte Bild ist aus dem Buch von Herrn Haruo Noma entnommen und zeigt die 4 Quellen die Hinatsu umgeben und die fünfte die direkt in der Siedlung entspringt.

Die Daten, die durch das Fangen der Fische und die Vermessung des Flusses (Tiefe, Schnelligkeit, etc.) gesammelt worden sind, werden mithilfe des GIS verarbeitet und damit der Einfluss verschiedener Faktoren auf das Fischvorkommen analysiert. Das Vorkommen der verschiedenen Fischarten, welches an sich bereits durch ihre Artbeschaffenheit verschiedenen Bedingungen benötigen, verfolgt hauptsächlich von der Wassertemperatur abhängend, welche durch die Topographischen Eigenschaften (insbesondere Quellen) bestimmt wird, eine charakteristische Tendenz. Es liegt nun die Vermutung nahe, dass die Bildung von Siedlungen im Zusammenhang damit steht.

Ich danke Ihnen vielmals für Ihre Aufmerksamkeit.

über die Energie der Zukunft

フリージャーナリスト・岩上安身さんのサイトで、ビーレフェルト大学名誉教授ヨアヒム・ラートカウ氏(Joachim Radkau)のインタビューが配信されています。2012年2月2日のものです。ラートカウさんの環境史家であり、エネルギー政策についても研究されています。ラートカウさんのことは以前にドイツで歴史を研究する渡邉さんに教えていただきました(こちら)。
かみつキッドも興味を持っています。
ヨアヒム・ラートカウ(森田直子・海老根剛訳)「ドイツ反原発運動小史」上・下『月刊みすず』599号(2011年11月)、600号(2011年12月号)
ヨアヒム・ラートカウ「自然と権力」みすず書房
ラートカウさんの著書も読んでみたい。
 
http://www.ustream.tv/embed/recorded/20161038
 
話を要約するとこんな感じ。
  
なぜ福島のような原発事故が起こってしまったのか
●日本の科学者は原子力にあまり力を入れていなかったのではないか。もう少し力を入れていたのならばアメリカから技術を輸入することはなかったのではないか
●地震は避けることができない問題である。アメリカで成功した反原発運動は地震の恐れを考慮してのことだった。地震の起こる可能性のある地域には原発を作っていない
●日本には環境保護運動はないわけではない。むしろ公害に対する運動などで過去に成功した例がいくつかある。しかし、日本の反核運動は押さえ込まれていると言えるのではないか

なぜドイツでは脱原発運動が成功しているのか
●反核運動はスイスやオーストリアの方が早く取り組まれ、ドイツは世界大戦の経験などからリスクに関して敏感である
●環境保護優先の意識
●運動だけではなく国の制度との関わりで成功につながっているのではないか

ドイツでは脱原発にしていく中で地元経済はどのように自立していったのか、また論争はなかったのか
●ドイツにも原発設置による地元への支援や補助はある
●地元の雇用については原発をやめ再生可能エネルギーに転換する方が増加する

今後、日本が原発の問題に取り組んでいく中で世界にどのような影響を与えると考えられるのか
●日本の伝統は昔から世界の先端技術をもっていること。日本の成功の道はエネルギーをたくさん使う産業ではなく、知識をたくさん使う産業を追求することであり、今までも「省エネ産業」で成功してきた。知識集約型で分散型、省エネ型の再生可能エネルギーを発展・普及させる産業に力を入れていくべきではないか
●日本はエネルギーが不足しているのではなく、発想が不足しているのではないか
●原子力に変わる代替案の実現を可能にする新しい政治のスタイルを作っていく必要がある
●地方が各々に適した再生可能エネルギーを選ぶ
●トップダウンではなくボトムアップで解決策を提案していく政治スタイルが必要である
 
日本は保守的な国と思われているかも知れないが、歴史から見て決してそんなことはない。日本でも過去に大きな変化を成し遂げたことは何度もある。たまたまこの原子力の問題で日本の人々は保守的になっているが、そんなことはない。日本は必ず大きな変化を成し遂げる。ドイツと日本はお互いに学び、お互いに協力し合えることがきっとある。
 
震災で注目されることになった原発問題について。エネルギーの代替として注目される再生可能エネルギーについて。今は本当に次のエネルギー革命への過渡期にあると思えてなりません。そういう意味でも3月11日の震災は世界的に大きな影響力があるのですね。ラートカウさんの「(今までの歴史からもわかるように)日本は必ず大きな変化を成し遂げる」という言葉がとても力強く感じました。近い将来、技術と政治体制と市民意識が揃い、環境に優しい持続可能な生活はできるのでしょうか。
 
1992年に開催された「環境と開発に関する国連会議(UNCED)」以来、森林に対する世界の風潮は「持続可能な森林経営」を目標に掲げています。持続可能な森林経営のもとで再生可能エネルギーとしての木材利用もこれからの課題です。持続可能な森林経営とはどんなものなのか。日本はモントリオール・プロセスという持続可能な森林経営をするための基準と指標に合意しています。この話はまた次回に詳しく。今、目の前にあるモノはどこから来てどこに向かって流れていくのか、よく考えよう。自分も時代の流れに乗っているのだから。新しいモノに自分も少しでも貢献できたらという気持ちでいっぱいです。
そのためにはまずもっとドイツ語を勉強しよう(´∀`)
  

【文献】林業と環境-第2章10節 森林の文化的機能

 人に対して森がもっている作用は収穫機能や保全機能、休養機能だけではありません。森林と国民性や国民の民族的特色の間には密接な関係があるのです。ハーゼルさんによると、平地地帯の交易の多い地方の住民は、軽快・開放的・饒舌で商才があるが、森林の多い山岳地帯の住民は忍耐強く、独立的・無口・無欲で沈思する傾向があるそうです。 
 
 森林と国民性の関係は Wilhelm Heinrich Riehl によって100年以上前に研究され、彼の名著「Land und Leute (土地と人)」に記されています。
 
 森林家は、経済的理由から森林の維持を図ろうとするが、社会政策的理由による森林の維持も重要である。森林を根絶すると歴史的な市民社会は崩壊する。原野と森林のコントラストをなくすことはドイツ民族から生活要素を奪うことである。人間はパンだけでは生きていけない。われわれは仮に木材を必要としなくなったとしても、森林を必要とするであろう。肉体を温めるための木材をもはや必要としなくなっても、精神を温めるための森林の緑の活力と生長力の中になるものがますます必要となる。国民生活の脈動を暖かくそして、楽しく打ち続けさせるために森林を維持しなければならない。
 
 Hornsmann (1958) さんは言語、習慣、童話、伝説、歌曲、建築、絵画、詩、音楽に及ぼす森林の影響を指摘しました。姓名の中にも森林に関係のあるものがあります。Blatt、Zweig、Baumがそれ。多くの民話、例えばヘンゼルとグレーテル、赤ズキン、白雪姫、は野生動物や魔女の住む大きな暗い森林のなかでストーリーが展開します。
 
 偉大な音楽は自然と風景の数々の印象を再現しています。例えば、ハイドンのオラトリオ「四季」、ベートーベンのシンフォニー6番「田園」、ブラームスのシンフォニー2番、”Parsifal”の第3幕の Karfreitagszauber、さらに、ブルックナーやマーラーのシンフォニーとシュトラウスのアルプスシンフォニーが挙げられます。特にロマン派には、ウェーバーが”魔弾の射手”と”Euryanthe”で森林での体験を表現しています。シューベルト、シューマン、メンデルスゾーンの歌には森林の空気が息づいている。
   
これらの作品には、ドイツ人がいかに森林に愛着をもっているか、そして森林がドイツ人の故郷であり、力の源泉であることを言葉以上に的確に表現している。
 

【文献】林業と環境-第1章 森林利用の段階

序説 林業政策の概念、内容、意義
 ハーゼルさんは冒頭に林業政策の意味を述べます。

     林業政策は2つの顔がある。学問としては林業学の一部であり、森林と人類社会の場所的、時間的、経営ごとに変化する多様な関係、森林と林業の経済的、国土保全的、国民の保健的課題の検討並びに森林所有者にこれらの課題の達成を可能にさせるための国家ないしはそれに準ずる機関の作用に関して考究することである。また一方で、林業政策的目的概念と秩序づけ概念を現実に移すことを課題としているような国家の機関あるいは国家によって委任された機関の実践的活動でもある。林業政策は、森林と林業に課された課題が持続的に理想的な形で達成されるように絶えず配慮を行うことであるということもできる。この学問と実践の両側面は学問的認識の上に林業政策的活動が構築されるということにおいて、互いに密接な関係を保っている。

この学問と実践の両側面は学問的認識の上に林業政策的活動が構築されるということにおいて、お互いに密接な関係を保っています。
 林業政策の本質に精通しようとするならば、「政策(Politik)」の概念をつまびらかにしておく必要があります。政策というのは、単に国民の特定層や特定集団のためでなく、人類社会の一般的な発展と福祉を指導目標とする活動を包括しています。この意味においては、政策は共同社会の管理を課題として、公共の福祉の実現ならびに国民個々人、その集団、全国民共同体の生存に対する配慮を目的としているような国家的機関または国家から委任された機関の活動であると理解されるでしょう。
 林業政策は林業学の1部門です。林業政策的問題の学問的な取り扱いは、森林の生態、林業の特色、林業経営の多様な形態に精通していることが前提とされるので、林業学の教育を受けた人だけ独特の領域なのです。林業政策的問題の研究は林業経営と林業行政のあらゆる分野にわたる詳細な実務経験を前提としていて、現実から離れた理論化や一方的な法律論になることは避けなければなりません。
 林業政策は中央官庁の活動や内閣次元で重要な役割を演じます。内閣や中央官庁で林業政策の基準線が作られて、それを基礎にして下級官庁が活動します。過去に北ドイツでは、国家的な森林行政が国有林だけに関心を示し、国有林を外部からの干渉と影響から守ることだけを試みて、私有林にはほとんど関係しなかったということがあったり、森林の国土保全的使命と国民保険的使命があまり重要視されていなかったりしました。これに反し南ドイツでは、森林所有の分化と森林行政の市町村有林や私有林に対する活動が相当古くから行われいたので、林業政策問題の論議を非常に促進して、林業政策の学問が形成されました。
 実践的活動としての林業政策は「政策とはあらゆる変化する要素のなかで最も合目的なことで最も損害の少ないことを行う能力である」とビスマルクは言いました。林業政策の目指すところは、政策的な行為をする人々に判断の基礎と実行手段を提供して、政策行為を受け入れ得る社会的素地を作ることです。
 林業政策も所詮は、一国を支配している政治的、経済的、社会的な見解と状況の産物です。したがって林業政策的な理解、処置、目的も時代の変遷につれて変容してきたし、国や地方によっても全く異なっています。つまり、林業政策論には、場所的、地域的な特色の解明、歴史的な関係の明確化、現象と処置に関する歴史的条件の解明等が非常に重要になります。私たちは、なぜ林業政策的措置がある時期とある特定地域では林業の発展のを促し、また促さなかったのか、なぜ同じ州内であるにもかかわらず同じ課題について異なった林政的規制が地域的に並列的に成立したのか、なぜ重要な課題が未解決にされてきたのか、を知らなければなりません。
 林業政策は将来を指向し、社会と経済の変化を先取りして対応しなければいけません。しかし、林業家は自らの行動の限界も知っていなければなりません。その限界は森林の位置する自然環境や、森林所有者自身の経済力と経営目的によって示され、また政治的与件によっても規制されます。限界は林業政策の願望が公共のより切実で重要な願望と矛盾するような時には林業政策そのものにも課せられます。木を見て山を見ないといったあまりにも狭量な考え方は慎まなければなりません。数十年からときには百年以上にも及ぶ森林の生産過程がほかの産業にはわからないようないろいろな問題を伴います。林業では行為の実行・不実行の成功・不成功は長い時間の経過の後にはじめて明らかになるのであり、短期間にはわかりません。
 林業は一般社会に向かって門戸を開き、公開の場での質疑に応ずる姿勢を示さなければならないし、林業政策学者も自己の専門分野に傾倒するばかりではなく、森林および林業に携わる人々を広く林業政策問題に精通させるよう努めなければなりません。この課題の達成を本書に託したいと思います。
   
第1章 森林利用の段階
 森林の利用は必然的な段階をふみながら展開してきました。国や地域による森林利用形態の違いは、まさに発展段階の表現であって、先進後進の差はありますが、全て同じ方向を指した発展過程の途上に位置づけされます。現在の地球上にはかつてドイツに存在していた森林の利用形態が見ることができます。私たちは今もそしてこれからも、いろんな形の森林が利用されていくのを見ることになるでしょう。
 太古の昔、ドイツ辺りには大森林があって、そこは人類の食糧採取と狩猟の場でした。旧石器時代後期には、森林は優先的に狩猟地として利用されました。新石器時代は、定住するようになった人類が耕作や牧畜に移行してからは、狩猟は次第に紳士の特権になっていきました。森林と人類の間の関係がもう一歩進むと、農業による森林の利用が行われます。森林の多い地帯では数百年間、森林の利用と農業の間に非常に密接な関係が成立します。まだ発展していなかった農業は、農業自体の存続と食糧生産のために森林の利用が必要でした。19世紀になってやっと近代的農業の形成によって古い森林利用形態は終わり、いまや林業は独立し、工業時代の用材生産の課題に専心することができるようになりました。
 牛の林内放牧は、森林の衰退をもたらします。アルプス地方やシュバルツバルトで部分的に何百mも森林限界を引き下げました。現代的農業のジャガイモの栽培と、舎飼いが転換期をもたらして、林内放牧は無用になりました。19世紀には山岳地帯周辺に限られるようになります。これは現代農業の展開と、地方における社会的状態の根本的な改善が、森林を林内放牧から解放したということです。と同時に、森林と放牧地を分離する原則が、農業と林業に有利であることがわかりました。
 ドイツでは林内放牧は行われなくなりましたが、その代わりに落葉採取が開始されました。これは、当時の舎飼いで農業経営では供給できないほどたくさんの敷き藁を必要としました。そこで広葉樹の落葉を家畜小屋で使うようになりました。1750年以来、落葉採取は特に広葉樹地帯と住居に近い森林で、想像を絶する規模で行われました。森林内の落葉採取は、重要な養分を取り去り、土壌の構造と性質を悪化させて天然更新を不可能にし、あるいは材木の成長と健康に大きな害を及ぼします。ドイツにおいて、19世紀から今日まで持続されている広葉樹から針葉樹への大規模な林種転換の最初の動機は林内放牧と落葉採取の帰結に見出されます。地力に対する要求の少ない針葉樹(トウヒとマツ)に移行するほかに仕方がなかったのです。しかし、荒廃した広葉樹林のかわりに現れた針葉樹林は、広葉樹よりも暴風雨、雪、昆虫、その他の数多くの被害にはるかに弱いのです。したがって針葉樹への森林のやむを得ない転換と成長量の増加は、経営安定性の減少に結びつくのです。
 その他の森林利用の重要な段階の一つに、森林の開墾があります。すでに新石器時代には、大規模な開墾が実行されていました。その後も森林は人口の増加、居住地の拡大、食糧需要の増大につれて開墾されます。ドイツにおいては中世時代に最高に達して、三百年の間に今日私たちが目にするような景観の森林と農地の分布になりました。しかし中世時代の終わりには、すでに森林を維持する努力が行われていました。それは森林がいかに大切であるかが認められてきたからです。森林開墾はその後、領主や地主の許可がなければできなくなります。以来、農地と林地の分布はだいたい固定されています。このようにして、最高時に70~80%であったドイツの森林率が、現在29%(2010年は約31%)に減少しています。
 材木その他の林産物の利用の開始は占取を形造り、必要な樹種の木材が運財の便の良い場所で単木的に収穫されました。占取(Okkupation)とは、法律用語で無主物を占取することを意味します。占取は目立たない程度に森林を侵害していき、人口増加と需要増大とともその干渉は強まります。官憲の監督がないとついには森林の荒廃をきたします。官憲による森林収穫の秩序付けと監督はドイツでは比較的早く行われました。無規制な占取の後に続いて「伐採規制」が行われました。
 林業への道の発展段階のうち、林業の直前の段階で掠奪が行われます。掠奪(Exploitation)とは、一定の商業または工業への供給を目的とした森林への大面積の侵害または保続性を無視して金銭的利益を得るために行う森林への大面積の侵害のことです。ドイツではそれは初期資本主義時代からありました。重商主義の時代にガラス工場、製塩場、鉱山、製鉄所への供給のために行われた林木収穫は多分に掠奪の性質を持っていました。18世紀に山岳地帯の湖や小川を筏流しに利用するようになると広い地域にわたって大面積の森林荒廃が起こり、大規模の皆伐も行われました。18世紀後半から19世紀の初期にドイツでは林業への移行が行われました。数百年間森林に依存していた工業は、石炭の採掘ととも森林から独立していきます。いまや発展した交通は木材の陸上輸送と長距離輸送を可能にしました。そうこうするうちに台頭した工業化は林業の生産目的を全面的に用材に移行させていきました。
 ハーゼルさんは林業の概念を次のように定義しました。 ”林業は、森林という植生形態のなかに存在している自然力と物質が、専門的知識に基づいて、収穫と保育に意を用いた計画的で保続的な経済的活動の対象になるところに存在している。” この定義は、原材料機能と所得機能が林業の第一義的な課題であり、そして森林の保全機能(気象、空気、洪水調節、水源涵養、土壌維持、地力などに与える森林の有利な影響)は、保育された経済林で最適に果たされるので、保全機能に特別な考慮を払うことは一般に不必要であるという19世紀に確立した理念に基づいています。また、 ”木材危機に対する配慮が専門知識的、計画的、保続的な林業の理念を成立させ、現在のための収穫とともに将来の世代の収穫も考慮しなければならないという信念によって森林の利用が実施されたときに林業(Forstwirtschaft)という。将来の世代の需要充足も完全に確保されるような範囲においてだけ森林の収穫は行われるべきであると理解されている。” と記しています。
 林業とは、森林の多様な課題を保続的に最適に実現することです。材木生産と公共へのサービス提供という林業の二重機能が工業時代の林業の指導理念を形造ります。それは政策と経済における林業の立場を規定し、総体の経済の中で林業独特の立場を基礎づけています。社会に対する森林所有者の立場も影響を受けます。森林所有者は他の土地所有者よりも強く社会に対する義務を負わされています。しかし、社会的利益の観点からも森林所有者の利益の観点からも森林の保続性は最も大切なことです。
 林業は保続性という本質的な特徴を常に伴っています。保続性の概念は時代の経過にしたがって数多くの解釈が行われ、林木生産、林木収穫、林種収穫、貨幣収益に関係づけられました。しかし、これらの解釈は林木生産経営だけを対象としていて、森林の公益的機能を正当に取り扱っていません。私たちは「現在生きている世代が与えられているのと同じ効用を子孫が森林から抽き出すことができるように」計画することを要求した Georg Ludwig Hartig にさかのぼらなければならない。
 保続的林業経営の要求は林業以外の産業部門にはない特色です。それは林業の生産期間が農業や工業のように、数日、数週間、数ヶ月といった期間ではなくて、数十年あるいは百年以上にもわたっていることに関連しています。森林所有者はその前の世代が働き、保育し、節約したものだけを森林からの収穫として手に入れます。林業のように過去、現在、未来が密接に結ばれている産業部門は他にありません。林業は世代を結びつけるのです。
 林業は森林所有者に農業や工業とは比較するものがないような精神的な態度を要求します。この将来のための思考と活動は特殊なものであって、林業以外のあらゆる種類の人類の活動に対比して林業を特徴づけ、区別します。林業のこのような道徳的思考を特徴付けるために森林家精神(Waldgesinnung)という言葉が使われます。森林家精神とは、森林に対する森林所有者や国民の内面的態度、公共と子孫の利益の維持のために犠牲と制約を自己に課す義務の感情をいいます。一国の森林立法はそこに支配的に行われている森林家精神、つまり、公共のために犠牲を引き受け、あるいは指令する準備の反映です。
 

【文献】林業と環境

林業と環境 (Waldwirtschaft und Umwelt)
著者:カール・ハーゼル
訳者:中村三省
発行所:社団法人 日本林業技術協会
発行:1979年1月30日
 
本書は、1979年に出版された現代西ドイツの林業政策学の本です。著者 Dr. Karl Hasel は その著書Waldwirtschaft Und Umwelt を1971年にパウルバーレイ出版社より発行しました。日本語訳者は中村三省氏です。
少し話しが長いので何稿かにわけてこれから紹介していきたいと思います。
 
目次
序説 林業政策の概念、内容、意義
 
第1部 森林と人類社会の関係
第1章 森林利用の段階
 1.1 食糧供給と植民の場としての森林
 1.2 占取
 1.3 掠奪
 1.4 林業
 
第2章 林業政策的機能論
 2.1 面積機能
  2.1.1 世界の森林面積
  2.1.2 ヨーロッパの森林状態
  2.1.3 西ドイツの森林状態
  2.1.4 西ドイツの森林所有
 2.2 森林の保全機能
  2.2.1 一般論
  2.2.2 保全作用の各論
   2.2.2.1 気候に及ぼす森林の影響
    2.2.2.1.1 気温に及ぼす森林の影響
    2.2.2.1.2 降水量に及ぼす森林の影響
   2.2.2.2 森林の空気浄化作用
   2.2.2.3 森林の騒音防止作用
   2.2.2.4 森林の放射線防止作用
   2.2.2.5 水収支、水浄化、水供給に及ぼす森林の利用
    2.2.2.5.1 森林の水調節機能
    2.2.2.5.2 清潔な水の供給
    2.2.2.5.3 水供給の増大
   2.2.2.6 土壌維持と地力に対する森林の作用
    2.2.2.6.1 水による土砂流出の防止
    2.2.2.6.2 洪水の阻止
    2.2.2.6.3 風触の阻止
    2.2.2.6.4 なだれ、その他の自然災害に対する保安
  2.2.3 森林の保全機能の結論
 2.3 森林の休養機能
 2.4 森林の原材料機能
 2.5 森林の所得機能
 2.6 森林の予備機能
 2.7 森林の労働機能
 2.8 森林の財産機能
 2.9 森林の狩猟業的機能
 2.10 森林文化的機能
 
第3章 他産業と林業の関係
 3.1 農業と林業の関係
 3.2 森林と工業の関係
 
第4章 林業と国土保全
 
第5章 国土秩序づけにおける森林と林業
 5.1 国土秩序づけと州土利用計画の成立、ならびに工業社会におけるその意義
 5.2 国土秩序づけと州土利用計画の概念
 5.3 森林と国土秩序づけの関係
 5.4 国土秩序づけと州土利用計画の教育
 5.5 一般的にみたドイツ連邦の国土秩序づけの現状
 5.6 ドイツ連邦国土秩序づけ法
 5.7 州土利用計画
 5.8 州土利用計画に対する森林管理局の寄与
 5.9 市町村計画(建築指導計画)
 
第2部 林業政策論応用編
第6章 森林政策の担い手
 6.1 連邦
 6.2 州
 
第7章 林業関係団体
 
第8章 森林立法
 8.1 一般論
 8.2 1945年までのドイツにおける森林立法の歴史
 8.3 森林立法と法律秩序
 8.4 連邦森林法公布までのドイツ連邦の森林立法
 8.5 森林立法の一般論
  8.5.1 連邦森林法公布までの各州の森林立法の状態
  8.5.2 1975年5月2日の連邦森林法
  8.5.3 今日の森林法はいかにあるべきか
  8.5.4 全森林所有形態に対する森林の一般的規定
   8.5.4.1 森林法の目的
   8.5.4.2 森林の法律的概念
   8.5.4.3 森林所有形態
   8.5.4.4 森林基本計画
   8.5.4.5 森林機能の確保
   8.5.4.6 森林の維持
   8.5.4.7 原野造林
   8.5.4.8 森林の経営
    8.5.4.8.1 森林所有者の基本的義務
    8.5.4.8.2 保続的林業経営
    8.5.4.8.3 保育的林業経営
    8.5.4.8.4 私有林における皆伐の認可義務
    8.5.4.8.5 自然災害と森林火災に対する保全処置
    8.5.4.8.6 林道の建設と維持
    8.5.4.8.7 森林の計画的経営
    8.5.4.8.8 林業専門的知識による林業経営
    8.5.4.8.9 環境に対する森林経営の配慮
    8.5.4.8.10 森林の隣人権
   8.5.4.9 保安林
   8.5.4.10 休養林
   8.5.4.11 森林内への立入り
   8.5.4.12 森林所有者に対する補償
   8.5.4.13 費用の補償
   8.5.4.14 林業の助成
   8.5.4.15 森林監督と森林所有者に対する助言
   8.5.4.16 森林官庁の役割りと権限
   8.5.4.17 森林委員会
第9章 連邦有林
 
第10章 国有林
 
第11章 団体有林
 11.1 市町村有林
  11.1.1 市町村有林の構造的特徴
  11.1.2 市町村有林の機能
  11.1.3 市町村有林規制の法律的基礎
   11.1.3.1 市町村の自治
   11.1.3.2 市町村の監督
   11.1.3.3 市町村有林に対する森林監督
   11.1.3.4 市町村有林と市町村の関係
   11.1.3.5 市町村有林の面積状態からの結論
  11.1.4 市町村有林規制の各論
   11.1.4.1 市町村有林の森林区画
   11.1.4.2 市町村有林における森林技術施行実行
   11.1.4.3 州による施業実行
   11.1.4.4 市町村有林における森林経営業務
   11.1.4.5 市町村の費用負担
   11.1.4.6 市町村有林の施業計画の作成
   11.1.4.7 経営原則
   11.1.4.8 過伐
 11.2 その他の公法の団体の森林
 11.3 共同体有林
 
第12章 私有林
 12.1 大私有林
 12.2 中規模私有林
 12.3 小私有林
  12.3.1 小私有林に関する研究と学説
  12.3.2 小私有林の成立
  12.3.3 統計的基礎
  12.3.4 小私有林所有者の類型別特徴
  12.3.5 小私有林の面積と構造に与える相続習慣の影響
  12.3.6 小私有林の機能
   12.3.6.1 必需品としての農家有林
   12.3.6.2 面積機能
   12.3.6.3 原材料機能
   12.3.6.4 所得機能と予備機能
   12.3.6.5 労働機能
   12.3.6.6 保全機能
   12.3.6.7 結論的考察
  12.3.7 小私有林所有への助言
  12.3.8 助言以外の農家林振興措置
  12.3.9 小私有林に関する森林法の規定
 
第13章 林業経営の構造改善と給付改善
 13.1 山林利用権の規制
 13.2 林地売買の監督
 13.3 森林交換分合
 13.4 森林組合
  13.4.1 森林組合の概念と体系
  13.4.2 森林組合の目的の変遷
  13.4.3 現在の森林組合
   13.4.3.1 森林財産組合
   13.4.3.2 経営組合
 13.5 新時代の森林組合のあり方
 13.6 森林組合に関する連邦法
 
第14章 結びにかえて