【Präsentation】 Die Abschätzung des Süßwasserfisch Vorkommens innerhalb des Koto Flachlandes in Shiga, JAPAN

In diesem Artikel halte ich ein Ergebnis Untersuchungens über die Abschätzung des Süßwasserfisch Vorkommens innerhalb des Koto Flachlandes in Shiga, Japan.

Zuerst werde ich Ihnen eine Einführung bieten indem ich die detailierten Gegebenheiten erläutere und auf die Absicht näher eingehe. Darauf möchte ich das Gebiet, welches untersucht worde, und die Forschungsmethoden vorstellen. Das sich daraus ergebende Resultat welches Auskunft über das Fischvorkommen und seine Gründe gibt, sowie die Umwelttechnischen Daten folgen und die Konklusion daraus bilden den Abschluss meines Vortrages.

Wie bereits gesagt werde ich zuerst die Absichten hinter dem Projekt klären. Hauptsächlich sollte es Antworten auf Fragen die vorherrschenden Lebensumstände, verschiedenen Einflüssen, welche auf diese wirken und das Vorhandensein der Einflüssen, sowie die weitere Entwicklung betreffend, geben.

Japan als Land in welchem die nachforschungen stattfanden und ganz besonderst die Präfektur Shiga, möchte ich genau vorstellen. Japan ist der östlichste Staat der zu Asien gezählt wird und hat auf eine Fläche von fast 380.000 km2, was ungefähr der größe Deutschland entspricht, eine Einwohneranzahl von fast 130 Mio. Es gilt als ein sehr gebirgiges und flussreiches Land.

Die Präfektur Shiga selbst befindet sich relativ mittig und erstreckt sich über eine Fläche von 4,017 km2 und hat eine Einwohneranzahl von fast 1,4 Millionen. Shiga ist umgeben von einem ungefähr 1,000m hohen Gebirge und beheimatet den grössten See Japans, den Biwa See. Der hier rot markierte Bereich stellt das untersuchte Gebiete dar.

Das untersuchte Gebiete, hier weiß, befindet sich in Koto Flachland der Shiga Präfektur. Die gelben Lienen sind Höhenlienien welche 50m voneinander versetzt zu betrachten sind und die blauen Lienien stehen für die vorhandenen Flüsse. Diese Flüsse sind ausschlaggeben für die geographischen Formgebung dieses Gebietes.

Jetzt sehen Sie einen Querschnitt des Koto Flachlandes der von der Japanischen Regierung unter verwendung von 50m DEM (Degital Elevation Model) erstellt worde. Wieder ist das betrachtete Gebiet rot hervorgehoben und alpha, beta stellen zwei verschiedene Punkte dar. Von alpha zu beta wird dar Querschnitt betrachtet. Das betrachtete Gebiet befindet sich, wie man gut erkennen kann, an einer niedrigen stell, welche jedoch eine geringe neigung vorweist.

Da der Ort und seine Besonderheiten geklärt sind, komme ich zur genaueren vorstellung der Nachforschung an sich. Die Forschungsarbeit fand in einem Zeitraum von 4 Jahren, jeweils von April bis Juni, 2006 bis 2009 statt. Einmal die Woche, jeden Montag wurde eine 1,4 km2 weite Areal, die sich vom Uso über den Inukami, die Toukaido Zugverbindung bis zum Biwa See erstreckt, untersucht. Wir fingen Fische mithilfe eines Netzes und stellten Temperatur und flow rate des Ortes fest. Dies fand im Rahmen des Field Work der Präfekturuniversität Shiga, welches ein Teil des Unterrichtes ist statt.

Die gesammelten Daten wurden mithilife des GIS (Geographical Information System) zusammengeführt, analysiert und dann in einer Karte deutlich verarbeitet.

Dies sind die Daten, die aus 4 Jahren forschen hervorgingen. Alles in allem sind es 308 Plätze und 30 Fischarten.

Die Daten ließen eine deutliche Tendenz der bevorzugten Lebensgebiete von 8 Fischarten erkennen. Diese erläutere ich nun genauer, doch da die Bezeichnungen der Fischarten sich nicht zum übersetzen eignen, werde ich die wissenschaftlichen Bezeichnungen verwenden.

Als erstes der Rhinnogobius, welcher an 148 Orten anzufinden war, was ein relativ weites Gebiet darstellt. Des weiteren wurde er in großer Anzahl gefangen. Aus diesen Karte ergab sich die Vermutung das er im Unterlauf in größerer Anzahl vorhanden ist.

Die nächste Art, Misgurunus anguillicaudatus wurde wieder in einem weiten Gebiet, 55 Orten gefunden.

Der Cobitis biwae fand sich nur an 22 Plätzen, damit stellt sich die Frage, ob er in einem noch weiteren gebiet, verstreut anzufinden ist.

An weiteren 54 Orten erschinen der Odontobutis obscura, wobei 70% der Fundorte in Hinatsu lagen und auch im benachbarten Kanal konnten viele gefangen werden. Die Frage ich nun ob dies auf eine große Anzahl von Quellen in der Nähe der Siedlung schließen lässt.

Oryzias latipes zeigte sich an 34 Orten, da lagen wieder 80% in einem Kanal in der Nähe des Inukami, auch neben Kanro war die Anzahl relative hoch.

Die Fischgattung, Tanakia limbata konnte an 21 Orten gesichtet werden, diese waren im Umkreis von Hinatsu und Kanro. Darüber hinaus ist zu erwähnen, das diese Art eine bestimmte Muschel braucht, in der sie ihren Leich ablegen kann um sich fortzupflanzen. Obwohl diese Muschelart weit verbreitet ist, beschränkt sich das Vorkommen des Tanakia limbata auf eine kleinere Fläche.

Micropterus salmoides und Lepomis macrochirus sind zwei Arten, deren wurzeln nicht in Japan liegen. Die Fundorte waren eher dar, 13 Stück in einem benachbarten Sumpfland des Biwa Sees, welches mäßige Strömung besitzt.

Zacco waren an 44 anzutreffen, 70% davon lagen in Hinatsu, rest im umkreis der Siedlungen.

Der Phoxinus logowskii steindachneri war nur an 8 Orten zu finden, daher ergibt sich die Frage ob im weiteren Umkreis der alten Siedlung Hinatsu zu finden sein könnte.

Hier sehen Sie die monatsweise gemessene Wassertemperatur an der Fundorten. Im April konnte man obwohl der unterlauf niedrig ist eine Temperatur zwischen 16 Grad und 22 Grad feststellen. Die Außentemperatur war niedrig und es war kurz vor der Erntezeit. Es wäre wohl ratsam das Gebiet auszuweiten.

Im Mai konnte man das Gebiet in 3 Teile untergliedern, der Umkreis der Tokaido Lienie mit unter 20 Grad, der Umkreis der dorf Hinatsu mit 16 Grad und 22 Grad und die Reisfelder entlang des Inukami deren Temperatur zwischen 16 Grad und 28 Grad lag. In den Bereichen um Tokaido und Hinatsu ist anzunehmen das viele Quellen vorhanden sind, während in der nähe der Reisfelder, deren Abfluss in den Fluss Auswirkungen auf die Temperatur haben könnte.

Die Tendenz im Juni entspricht der Tendenz im Mai, wieder untergliedern wir die Gebiete, diesmal jedoch nur in 2 Teile. Den umkreis des Hinatsu mit 16 Grad bis 22 Grad und die Reisfelder entlang des Inukami mit 19 Grad bis 29 Grad. Wieder stellt sich die Frage ob es im Umkreis von Hinatsu viele Quellen gibt und ob der Abfluss der Reisfelder in den Fluss auswirkungen auf die Temperatur hat.

Auf dieser Folie erkennt man Flow Rate, Fluss-Kanalweite und Fluss-Kanaltiefe. Je größer die Markierung ist, desto größer ist auch der wert den er darstellen soll.

Dies zeigt den COD, welcher ausschließlich im Jahre 2008 und 2009 gemessen wurde. Im Umkreis von Hinatsu waren eher niedrige Werte während im Umkreis der Reisfelder die Werte eher hoch waren.

Zusammengefasst ergibt sich das das Vorkommen der Fische wohl von der Wassertemperatur beeinflusst wird. Damit lassen sich die Arten auch in 3 Gruppen unterteilen.

Hier die Topographische Karte von 1982 und die Siedlungskarte von 1893 zu einer zusammengefügt. In einem höher gelegenen natürlichen Damm der Hochwasserebene finden sich eine Häufung von Siedlungen, welche einen guten Wasserabfluss besitzt. Desweiteren bilden Kawasebaba, Morido, Kongoji, die Spitze des Flussdeltas, in welchem viele Quellen liegen.

Das nun gezeigte Bild ist aus dem Buch von Herrn Haruo Noma entnommen und zeigt die 4 Quellen die Hinatsu umgeben und die fünfte die direkt in der Siedlung entspringt.

Die Daten, die durch das Fangen der Fische und die Vermessung des Flusses (Tiefe, Schnelligkeit, etc.) gesammelt worden sind, werden mithilfe des GIS verarbeitet und damit der Einfluss verschiedener Faktoren auf das Fischvorkommen analysiert. Das Vorkommen der verschiedenen Fischarten, welches an sich bereits durch ihre Artbeschaffenheit verschiedenen Bedingungen benötigen, verfolgt hauptsächlich von der Wassertemperatur abhängend, welche durch die Topographischen Eigenschaften (insbesondere Quellen) bestimmt wird, eine charakteristische Tendenz. Es liegt nun die Vermutung nahe, dass die Bildung von Siedlungen im Zusammenhang damit steht.

Ich danke Ihnen vielmals für Ihre Aufmerksamkeit.

若いうちにたくさん失敗をしよう!! / I think it’s important to have a good hard failure when you’re young!!

新年あけましておめでとうございます。
  
初詣をするため平安神宮に行きました。
相変わらずすごい人・人・人ですね。
Heian Jingu Shrine 2013
  
Heian Jingu Shrine
露店もたくさん。
やっぱりこの年末年始の雰囲気は心が安らぎ良いものです。
  
Stitch Candy
スティッチの飴です。
あんまりおいしくなかった。。。
 
久しぶりのおみくじを引いたら「大吉」でした。
願い事は思うままだけど油断しないように、旅立ちは利益があり行くことは吉、学問は安心して勉学に励みなさい、お酒の飲みすぎは凶になります、とのことでした。
ありがたいお言葉ありがとうございます!(m . .)mはっはぁ~
よーし、がんばろ!
 
今年の目標も決めておこう。
『体力づくりを頑張る(登山しよう、自転車を使おう)』
『音階とボーイングの基礎をしっかり(バイオリンのこと)』
『論文を書き終える』
『博士への足掛かりを築く』
ちょっと欲張ってるかな。
 
 
「I think it’s important to have a good hard failure when you’re young.」
 
ウォルトディズニーさんは「失敗」することについてたくさんの名言を残しています。
「失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。」
「私は失敗した。だがそこで多くの事を学んだ。若いころひどい目に会い、失敗する事は重要なんだって、思うね。」
「人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が、私を強くしてくれた。」
良い言葉ですね。
 

ein schöner Moment / すばらしいトキを

高校の時の同級生の結婚式に出席しました。

出席と言ってもかみつキッドは演奏組。
同級生は音楽仲間でもあります。
これは前夜祭の写真。

真ん中にいるのが新婦さんです。
高校の時から美人で注目の的でした。
 
高校の部活でオーケストラをやっていたかみつキッドたちは、同期が結婚するとできる限りの人を集めて式で演奏をします。
同期は全員で24人。今回は半分の12人が集まりました。
出番が来るまで控え室で待機です。

 
みんな久しぶりに会うので話が盛り上がります。
結婚して子供がいる人、これから産む人、大きな手術をして死地を乗り越えた人、みんなそれぞれの人生を歩んでるけど、性格や話し方は10年前となにも変わらなかった。
 
出番がきました!
今回の曲目は中島みゆきさんの糸、カノン、アラジンでした。

キャプテンからのメッセージもあり、新婦さんは感動で?涙ぐむシーンも。
実は、新郎と新婦は高校以来10年越しのお付き合いでのゴールなのです。
なので新郎のこともかみつキッドたちはよく知っています、おそらく。
そんな時を経てきてこの日がある新郎新婦の姿を見て、こちらも演奏しながら感動しました。
やっぱり結婚式は人生の大きな節目であり、自分を見つめなおす機会であり、人に支えられて生きていることがわかる瞬間であり、とにかく、良い時間ですね。
 
演奏の後、みんなで集合写真をぱしゃり。

おめでとう、二人とも、お幸せに。
どれだけ離れていても仲間がいることは嬉しいことです。
ありがとう、参加できて本当に良かったです。
 
次は誰の結婚式だろうか。
 

zum Himmel über Deutschland aufblicken / ドイツ上空から空を見上げる

今日でドイツともお別れです。
今回のドイツ滞在も実り多き素晴らしい旅でした。
 
今年の目標のひとつ、「海外研修を無事に終えること」は達成できました。
10月からはまた大学院に復学する予定です。
研修で学んだことをより吟味し、しっかり形に残したいと思います。
次は日本でしなければいけないことを頑張ります。
 

 
次のステップがまた楽しみです。
 

Beitrag im Bayerischen Rundfunk von einem japanischen Waldpraktikant / 日本人の林業研修生とバイエルン放送

バイエルン放送に取材されたときのラジオが公開されました。

以前、このブログでも取材されたときのことを書きました。
こちら→

ビーアールが来る!! / Der BR kommt !!

半日くらい取材を受けていましたが、なんと放送は2分半ほど。
しかもかみつキッドが話した研修することになった成り行きや目的については軽く飛ばされていました。ちょっと悲しいです。


まあ放送時間はどうでもよくて、こんなふざけた輩でも取材して頂けることは光栄なことです。
これを励みに人の役に立てるように頑張りたいと思います。

Die Aufführung mit japanischen “Freunde” in Ulm / ウルムでの友情音楽

ベートーベンの第九を聴きに行きました。

埼玉県川口市から数十名の日本人が参加されていました。
大震災後のまだ日本全体が不安定な中、日本で行われた第九演奏会のことは、以前にこのブログでも取り上げました。その音楽を通じて国を越えた温かい気持ちにはとても感動しました。
http://pakkurikamitsukid.wordpress.com/2012/01/08/jetzt-erst-recht-ein-kleines-konzert-in-japan/
 
今回は、反対に川口市の合唱団の方がウルムで第九を演奏するというものでした。
会場はプロテスタントのきれいで立派な教会でした。
大きなパイプオルガンに窓にはきれいなステンドグラスがありました。



  
お客さんはざっと500人くらいでしょうか。
オケピットは第九にしてはこじんまりしているようにも見えました。

 
第九の前に「コリオラン」がありました。
かみつキッドも2年ほど前にドイツで演奏した思い出の曲です。
 
ヨーロッパの教会はやっぱり音の響きが良い。
三楽章はやっぱり美しい。
合唱のテノールが大きな声だった。
ソプラノのソリストがきれいだった。 

体を揺らしリズムに乗るお客さんも見てると気持ちが良い。
お気に入りの旋律を口ずさむ隣のおばさんも良い。
ダメ出しをぶつぶつ言う後ろのおじさんも良い。

最後のパーカッションには少しハラハラさせられましたが、演奏会は無事に終わり、スタンディングオーベーションで幕を閉じました。
一生懸命に演奏されている(歌われている)方々を見て本当に感動しました。
マイヤーさんの指揮は分かりやすく、指揮をしながら笑顔で一緒に歌われている横顔を見て本当に感動しました。
やっぱり音楽はいい。オーケストラはいい。
今度は自分も第九を演奏したいと思いました。
 
すばらしい1日でした。どうもありがとうございます。
 

 

Ein Praktikum bei Japan Behörde 4 / 林野庁でのインターン研修④

引き続き、林野庁インターン研修の体験記④です。

研修内容は大きく分けて5つありました。
● 国有林と森林管理事務所についての勉強
● 中学生チャレンジ体験学習の指導
● 高台寺山国有林における植生調査
● カシノナガキクイムシ被害木調査
● 嵐山国有林の取扱いに関する意見交換会

最後に、嵐山国有林における合意形成について。
嵐山にも国有林はあります。

渡月橋の背景がそれですが、夏は緑が広がり秋には美しい紅葉が見られ、季節を通して私たちを楽しませてくれます。
嵐山国有林は江戸時代までは大部分が天龍寺領であり、「社寺上知令」により官有地に編入された森林です。
この嵐山に限らず、京都市内の国有林は大きな変化の途上にあります。
シカやイノシシなどによる獣害も大きな要因になっているようです。
平成21年度より地元住民、専門家や行政による「嵐山国有林の取扱いに関する意見交換会」が始まりました。
私も10月に参加しました。
 
この研修で良かったことは毎日どこかの国有林に入り、現場を見ることができたところですね。
京都市内には近辺に国有林が点在していて、これら国有林は国際都市京都の風景を特徴づけています。
これに関しては「東山/京都風景論」にも書かれています。
東山/京都風景論
 
また、研修は9月の台風が多い時期だったので外の作業の予定変更がよくありました。
しかし台風が来た後の見回りの必要性や危険性への意識について多く学ぶことができたことも良かったです。
京都事務所ではなんでも私が始めての研修生らしいです。
 
この研修を通じてお世話になった京都大阪森林管理事務所の方々には深く感謝しています。
 

Ein Praktikum bei Japan Behörde 3 / 林野庁でのインターン研修③

引き続き、林野庁インターン研修の体験記③です。
 
研修内容は大きく分けて5つありました。
● 国有林と森林管理事務所についての勉強
● 中学生チャレンジ体験学習の指導
● 高台寺山国有林における植生調査
● カシノナガキクイムシ被害木調査
● 嵐山国有林の取扱いに関する意見交換会
 
カシノナガキクイムシ被害木調査について。
近年、「ナラ枯れ」や「マツ枯れ」という言葉をよく耳にします。
簡単に言えば、小さな虫が木の中に入りその虫が持っている菌により樹木が枯れる伝染病のことです。
その虫はカシノナガキクイムシというややこしい名前の虫です。
ひとつこの虫にやられた木が発生すれば周りの木にも伝染してしまいます。
樹齢100年以上の巨木もこれにはやられてしまいます。
ナラ枯れは比較的高齢で大径木が多い広葉樹二次林で発生しやすいというのもポイントです。
ナラ枯れの場合はブナ科樹木萎凋病といいますが、京都では平成17年に高台寺山国有林で発生して以来、被害は年々広がっているようです。
ただ年によって増えたり減ったりしているようですが。
また、暑い夏の年は多いようですね。
京都事務所はこのカシナガ被害木調査を夏~秋にかけて毎年実施しています。
被害木の位置をDGPS(GPSのいいやつ)で確認し、大きさと周辺環境(樹種、傾斜、植生など)を調べます。
調査後、立木調査野帳や収穫調査復命書を作成し、業務委託の場合は入札にはいり、施業に移ります。
私も各国有林で被害木調査をしました。
 

 
被害木の周辺には「フラス」と呼ばれる虫が木に潜り込んだ時にでてくる粉屑がたくさんあります。
そしてまだ夏だというのに葉は紅葉しているのです。ただ枯れているだけですが。
 
もうひとつ。
猛毒キノコといわれている「カエンタケ」がありました。
表面は赤色で高さは3~15センチ、6月~10月にかけて広葉樹林内に生えるそうです。
触るだけで皮膚が炎症し、致死量は3グラムという日本でもトップクラスの毒キノコです。
最近、滋賀や京都周辺で多く確認されています。
このキノコはナラ枯れ被害木の付近に発生します。
いかにも危なそうなヤツです。気をつけなければいけませんね。
 
もしかして大量発生は温暖化と関係があるのか??
 

auf der Hochzeit – 結婚式にて

いとこの結婚式がありました。
 

 
かみつキッドの従兄弟たちは7人全員男で、ほとんど年子になっています。
その一番年下の通称「韓流スター」の結婚式でした。
一昨年あたりからの家族での不幸が続くなか、本当におめでたいことです。
親戚一同が集まるのも本当に初めてなくらい久しぶり?です。
みんな兄弟のように育ってきた仲なので大変喜ばしいことです。
素晴らしい式場で美味しい料理も沢山いただき、やはり最後のメッセージは感動しました。
結婚式は人生のターニングポイントなのですね。
 
興味深い話を少し。
日本の結婚式は簡単に言うと『なんちゃってヨーロッパ風』です。
チャペルでの挙式やドレスなど、欧米のウェディングスタイルを真似ている部分を多くみかけます。
しかし、日本にもともとある様式や風習もその中に垣間見ることができると言えます。
例えば、結婚証人のサイン。
日本の人前式では、両親を初め出席者による新郎新婦が結婚することへの証人としての役割を求められます。
出席者による承認の拍手も同じです。
ドイツでは式出席者を証人にするのではなく、戸籍を役所に届けるときに少数の証人にサインしてもらう程度です。
また、結婚指輪の披露などもしません。
人前式の前に行う両家の親族紹介もありません。
 
多くの日本の結婚式では、披露宴のときに勤務先の上司から挨拶を頂いたり、両親が出席者のテーブルを周り挨拶しながらお酒をついだり、ゲームをしたり、人生を振り返るムービーを流したり、友人がお祝いの演奏をしたり、そして披露宴の最後には娘から両親への感謝のメッセージがあり出席者を涙ぐませます。
イベントには両親や家族も頻繁に取り上げられます。ウェディングケーキのサンクスバイト(サンクスというコンビニでバイトすること??)など。
しかし、ドイツでは式の中心はあくまで新郎新婦です。
プライベートなパーティなので勤務先の上司はあまり呼ばず、仲の良い友人や知人を招待します。
また、ドイツでは感動のメッセージは父親が娘のためにスピーチします。
 
日本の風習や日本人の心はこういったところに見られるのではないでしょうか。
世間での付き合いをより大切にしていること、これまで育ててくれた両親への感謝の心、これからもお世話になる周りの人たちから指導を仰ぐ姿勢、両親や人生の先輩方を敬う心、欧米のウェディングスタイルを吸収した日本の結婚式ですが、日本人の美徳意識が表れたような日本人の心は残っているような気がします。 
どちらのスタイルが良いとかではなくただ単純に面白い!と思いました。
素人ながらに色々と考えさせられた結婚式でした。
 
末永い幸せをお祈りいたします。
おめでとう。