Die Holzlüge (木材利用のウソ)

19. Dezember 2016

再生可能エネルギーのひとつとして注目されている木質バイオマス。木質バイオマスを燃料とするボイラーやストーブの導入が進んでいるのは日本だけではない。地域の資源を利用し自給自足かつ持続的に地域の熱供給に役立てる、いわゆる「持続可能社会」でたびたび描かれる絵がある。これは、いつも白書の見出しを飾る政府が進める政策のひとつ。

ドイツでは1,500万台の暖炉やストーブが保有されている上に、毎年40万人の新たな所有者が増えている。人口が8,000万だからやはりすごい数だろう。その需要が増えるに伴い、燃料となる木材の値段は上昇し、良い木を安く手に入れたい人々は表面的な相場で購入を判断する。この勢いに対して、既に木材調達がドイツ国内だけでは飽和状態に近く、どこから原料を得るのかが課題となっている。ドキュメンタリーでは東ヨーロッパ、特にブルガリアから違法木材が安く輸入されているストーリーを追ってる。現地を調査した記者は、環境に優しいグリーンエネルギーのイメージをもつ木質バイオマス利用が、逆に違法な伐採を促す原因のひとつとなっていることを皮肉的に指摘する。

ある意味で、木材もやはり有限の資源ではないか。ドキュメンタリーの中でも、記者の取材に抵抗する人がでてくるように、違法木材の貿易が昔より少なくなったけど今もなくならいように、地域資源を地域のために循環させようと必死に頑張ってる人がどこかで躓くように、誰かが有限の資源を私欲から扱おうとしている現われではないか。再生可能だが、決して無限ではない木材資源を利用する仕組みづくりは大切だけど、それだけではいけない。ドイツで今起きている現象は、このままいくと日本でもきっと起こる。

【eine Nachricht】 Arbeiten am Trimmdichpfad: Baum erschlägt Mann

21. Juli 2016

7月18日15時頃、ミュンヘン中心部から南東へ20kmほどの森で、林業作業員の死亡事故があったようです。

機械を操作していたルーマニア人58歳の作業員が、高さ25mの針葉樹を掴んで倒した際に、気付かず伐倒エリアにいた52歳の作業員に直撃。ヘルメットは着用していた。

事故の詳細は公表されていないので、なんとも言えませんが、作業員はベテランのコンビだったような印象を受けます。

林業に限らず、経験からくる過信や慣れは時には紙一重の状況をつくりかねません。いつも気を引き締めて安全を第一に。

Arbeiten am Trimmdichpfad: Baum erschlägt Mann

wenn ich mich mit einem Förster getroffen habe

Wem gehört ein Wald? Wer soll einen Wald verwalten? Wie soll man einen Wald verwalten? Vor ein paar Tagen habe ich eine Chance bekommen, mit einem Förster zusammenzuarbeiten. Dank der guten Zusammenarbeit hat er mir etwas von seiner Arbeit als Förster erklärt. Förster planen, organisieren und lenken sämtliche Arbeiten im Wald, angefangen von der Pflanzung der Bäume, über die Waldwegeunterhaltung bis hin zur Pflege junger Bestände und zum Holzeinschlag. Außerdem sind Förster schnell vor Ort bereit, wenn es Probleme im Wald gibt. In Deutschland denke ich immer, dass die Menschen, die im Wald arbeiten, ein starkes Verantwortungsgefühl haben.

森は誰もモノ?誰がどのように管理すればイイの?

先日、アウクスブルクのフォレスターと一緒に仕事をする機会がありました。フォレスターとは、大体は公的立場で森林管理を仕事として担当している人です。例えば、木を植えて、動物に食べられないように保護して、明るい森になるように間引きして、大きくなったら切って、また植えて、、、というような計画を立てるのも仕事です。また、なにか災害が起こり、森が壊れたときはフォレスターが動きます。

森は自然そのもので、木材として使うだけではなくて、色んな役割があります。水を蓄えてきれいにしたり、暑い日には涼しい森の中で休むこともできます。そんな役割も考えながら、森を管理していくことは大変なことです。

ドイツではいつも思うことですが、フォレスターに限らず、大抵の森を扱う仕事をする人は、森林を管理するという責任感があり、それに対する義務を裏付ける社会的仕組みや社会的状況が明確であると感じ ます。簡単に言えば、フォレスターは森の仕事をする人、専門家であることは自他共に認識されていて、信頼するのは当然だということ。私がこれまでに出会ったドイツのフォレスター達は、みんな責任感が強く、その 社会的役割もはっきりしているため、しっかり自分の意見を持っていました。森林所有者や市民もそんなフォレスターを信頼し、安心して専 門家に森を任せているという雰囲気を感じます。

ただ、日本では非常に評価が高いフォレスターも完全ではなく、苦手なことや気の合わない人もいます。ひとりでダメなら複数で取り組む、ただ、個性を忘れずに、やってみてできなかったらあやまる。

そんな人間くさいところにすごく好感を覚えます。1

2

3

4

schon wieder Alpen / アルプスに再び

ドイツに帰ってきました。

今回は一ヶ月ほどの滞在になりますが、研究上とても重要な期間になります。
前回の滞在は森林組合での研修でしたが、今回はその森林組合を中心に学術的な調査をしたいと思います。
詳細は結果がでてから書きましょう。
 
久しぶりのアルプス、Wallberg(1722m)に登ってきました。
Tegernseeの南に位置するソリすべりで有名?な山です。
Wallberg 2013
雪がしんしんと積っています。
この後、3時間かけて頂上付近に到着し、ソリに乗って雪山を降りていきました。 
 
よし、がんばろう。