Japanisch Stammtisch in Augsburg 2012Juni / アウクスブルク日本人飲み会

昨日は久しぶりにStammtischに行きました。
Stammtischとは常連や常連のテーブルのことを指しますが、簡単に言えば「集まり」のことです。
アウクスブルク周辺に住んでいる日本人、日本に興味があったり日本語を学ぶドイツ人などが集まって飲み会をします。
 
今回はかみつキッドがよく参加していた2年前に比べ、日本人がたくさんいました。
初めてお会いする方ばかりでアウクスブルクにもこんなに日本人がいたんだな、と改めて実感しました。
みなさん、それぞれ目的があってドイツに滞在しておられます。
 
ドイツでドッグトレーナーの経験を積み、日本のペット事情を変えたいという大きな目標がある方がいました。
日本では毎年7万頭の殺処分件数があるのにドイツには全くないらしいです。
ドイツの犬は、よく散歩のときにはリードをはずしながら一緒に歩いています。
私も以前からその日本とドイツの違いはよく感じていました。
なぜこんな日本とドイツで犬との過ごし方に違いがあるのか、非常に興味深いことです。
 
また、画家を目指しドイツで絵の勉強をしている女性もいました。
絵のことはニューヨーク、ロンドン、そしてドイツが進んでいるらしいですね。
10年ほど前から絵を学ぶために渡独する日本人は増えてきているそうです。
 
みなさんの夢や意気込みを聞いて、自分も頑張らなくてはと良い刺激を頂きました。
 

2 thoughts on “Japanisch Stammtisch in Augsburg 2012Juni / アウクスブルク日本人飲み会

    1. mateuszさん
      こんにちは。
      アウクスブルクの日本Stammtischは、今は不定期に開催されています。
      今のところ次回の開催はいつかわかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA