Haha, sehr witzig / ネコの戯れ

夢を見ました。
  

「ネコの戯れ」
という猫カフェのようなネコ高級ホテルに遊びに行くことになった。
色々とコースがあるけれど2千円コース、2万円コース、5万円コースがメイン。
エステみたいな受け付けが3つあったのに急に2つが閉まる。
残りの1つにクマみたいな恰幅の良いおばさまが座っている。
おばさまにどのコースにするのか迫られる。
入り口からはお客様がたくさん入ってきて、早くしろと急かされる。
仲間は3人。実のアニキとその親友。みんな久しぶりの休暇でバカンス気分。
2人は2万円コースを選びささっと中へ。
財布にお金がなくて悩む自分。
アニキに「ごめん、今日もちょっとだけ貸してくれない?」とせびる。
「またか、いい加減にしろよ。」と半分笑いながらお金を受け取る。
ホテルの展望ガーデンに向かう途中、
アニキの親友に「学校はどうした?」と聞かれ、「今日は休みだ。(ウソ)」と答える。
 
  
目が覚めた。
この一連の流れから自分の人間の小ささに呆れる。
悲しいくらい。
  
ときどき自分が学生を続けることに違和感や申し訳なさや孤独感、いたたまれない気持ちをもつ。
同じ世代の友人は会社に勤め昇格し、結婚して家と家族をもち、休日の笑い話と社会的地位を誇らしげに語る。
 
なぜ自分は学生をしているのか。
学生を続ける意味はどこにあるのか。
周りの人たちに対して思うこと。
もう少しお金をもっている自分と一緒にいれば、旅行もたくさん行けて、おいしいものもたくさん食べれて、もっと楽しいこと時間を共有することができただろう、と思う。
それでも付き合ってくれている人たちにはとても感謝している。
お金に悩むんだったら働いて稼げばいい。それだけのこと。
違う。お金がメインの問題じゃない。
学生だからこそできること。
十分なお金を手に入れる代わりに得られるもの。
  
あかん、めんどくさくなった。
ぐるぐる悩むことはもうよそう。
答えはでているから。
こんなことを書いている時間がもったいない。
早く通常業務へ戻ろう。
 

One thought on “Haha, sehr witzig / ネコの戯れ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA