Ein Praktikum bei Japan Behörde 2 / 林野庁でのインターン研修②

引き続き、林野庁インターン研修の体験記です。
 
研修内容は大きく分けて5つありました。
● 国有林と森林管理事務所についての勉強
● 中学生チャレンジ体験学習の指導
● 高台寺山国有林における植生調査
● カシノナガキクイムシ被害木調査
● 嵐山国有林の取扱いに関する意見交換会
 
まず、中学生チャレンジ体験学習から。
京都大阪森林管理事務所は年に2度ほど京都市の中学生を対象に体験学習の受け入れをしています。私が研修を始めた頃、ちょうど中学生の体験学習を一週間ほどしていました。私も中学生と一緒に森林管理事務所の仕事を体験することと、中学生の指導という位置づけで京都市内の山を中心に森の仕事を体験します。

 
銀閣寺山国有林、高台寺山国有林、衣笠山国有林に行きました。
各国有林には森林官というその地域の森林を管理する担当者がいます。
ドイツでいうフォレスターでしょうか。森林官はその山のことをとてもよく知っています。
ナラ枯れやマツ枯れで枯れている木の胸高直径を計測したり、道路に倒れそうになっている危険木をチェックすることも仕事のうちです。
 
次はナラ枯れについて話したいと思います。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA