Ein Praktikum bei Japan Behörde 4 / 林野庁でのインターン研修④

引き続き、林野庁インターン研修の体験記④です。

研修内容は大きく分けて5つありました。
● 国有林と森林管理事務所についての勉強
● 中学生チャレンジ体験学習の指導
● 高台寺山国有林における植生調査
● カシノナガキクイムシ被害木調査
● 嵐山国有林の取扱いに関する意見交換会

最後に、嵐山国有林における合意形成について。
嵐山にも国有林はあります。

渡月橋の背景がそれですが、夏は緑が広がり秋には美しい紅葉が見られ、季節を通して私たちを楽しませてくれます。
嵐山国有林は江戸時代までは大部分が天龍寺領であり、「社寺上知令」により官有地に編入された森林です。
この嵐山に限らず、京都市内の国有林は大きな変化の途上にあります。
シカやイノシシなどによる獣害も大きな要因になっているようです。
平成21年度より地元住民、専門家や行政による「嵐山国有林の取扱いに関する意見交換会」が始まりました。
私も10月に参加しました。
 
この研修で良かったことは毎日どこかの国有林に入り、現場を見ることができたところですね。
京都市内には近辺に国有林が点在していて、これら国有林は国際都市京都の風景を特徴づけています。
これに関しては「東山/京都風景論」にも書かれています。
東山/京都風景論
 
また、研修は9月の台風が多い時期だったので外の作業の予定変更がよくありました。
しかし台風が来た後の見回りの必要性や危険性への意識について多く学ぶことができたことも良かったです。
京都事務所ではなんでも私が始めての研修生らしいです。
 
この研修を通じてお世話になった京都大阪森林管理事務所の方々には深く感謝しています。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA