Die Aufführung mit japanischen “Freunde” in Ulm / ウルムでの友情音楽

ベートーベンの第九を聴きに行きました。

埼玉県川口市から数十名の日本人が参加されていました。
大震災後のまだ日本全体が不安定な中、日本で行われた第九演奏会のことは、以前にこのブログでも取り上げました。その音楽を通じて国を越えた温かい気持ちにはとても感動しました。
http://pakkurikamitsukid.wordpress.com/2012/01/08/jetzt-erst-recht-ein-kleines-konzert-in-japan/
 
今回は、反対に川口市の合唱団の方がウルムで第九を演奏するというものでした。
会場はプロテスタントのきれいで立派な教会でした。
大きなパイプオルガンに窓にはきれいなステンドグラスがありました。



  
お客さんはざっと500人くらいでしょうか。
オケピットは第九にしてはこじんまりしているようにも見えました。

 
第九の前に「コリオラン」がありました。
かみつキッドも2年ほど前にドイツで演奏した思い出の曲です。
 
ヨーロッパの教会はやっぱり音の響きが良い。
三楽章はやっぱり美しい。
合唱のテノールが大きな声だった。
ソプラノのソリストがきれいだった。 

体を揺らしリズムに乗るお客さんも見てると気持ちが良い。
お気に入りの旋律を口ずさむ隣のおばさんも良い。
ダメ出しをぶつぶつ言う後ろのおじさんも良い。

最後のパーカッションには少しハラハラさせられましたが、演奏会は無事に終わり、スタンディングオーベーションで幕を閉じました。
一生懸命に演奏されている(歌われている)方々を見て本当に感動しました。
マイヤーさんの指揮は分かりやすく、指揮をしながら笑顔で一緒に歌われている横顔を見て本当に感動しました。
やっぱり音楽はいい。オーケストラはいい。
今度は自分も第九を演奏したいと思いました。
 
すばらしい1日でした。どうもありがとうございます。
 

 

4 thoughts on “Die Aufführung mit japanischen “Freunde” in Ulm / ウルムでの友情音楽

  1. コンサートにお越しいただいて、ありがとうございました。わたしにとってはこのプロジェクトは、一昨年から始まったものです。最初に日本へ行く楽団を結成し、震災でキャンセルになり、それでも日本に行く意思のある数人を引率し、日本の方とコンサートを行い、そして今回はるばる日本から合唱団が来独して下さって、再び第九を歌う。
    勿論、オーケストラはこのために結成したプロジェクトオケですし、様々な土地からの音楽家だったために、リハーサルも充分にできませんでしたが、各自しっかりと準備してきてくれ、オーケストラのみの練習はたった2回だったのにもかかわらず、良い出来だったと思います。確かに多少はスリルとサスペンスに満ちた部分も見られましたが。
    かみつキッドさんにお会いできるかと思いましたが、かなりの人数で結局ご挨拶できないままに終わってしまいました。実はわたしも歌っていたんですよ。

    合唱団の一部は昨日お元気にウィーンからご帰国なさいました。なんと、楽友教会の黄金ザールで第九の一部を歌ってみたりも出来たのですよ。わたしはウィーンまでお送りし、昨晩やっと自宅に帰ってきました。
    そして、明日からはドイツのオーケストラと一緒にイギリスに交流演奏のために出発します。このオーケストラについてもいつかはわたしのブログで詳しく書いてみたいと思います。ここも日本とかかわりのあるオーケストラなんです。

    前回の新聞記事に引き続き、今回も記事にしてくださって、本当にありがとうございました。

    近い将来に実際にお会いできればと願っています。

    1. Megumu Rommel さま

      コメントどうもありがとうございます。
      コンサートは非常に感動しました。
      震災後のコンサートのことも、コンサートの裏では企画された方がご苦労されたことも少なからず私も触れているだけに、演奏後の拍手の時には大変感動でした。
      たった2回の練習にも関わらず、すばらしい演奏だったのではと思います。
      Rommelさんが歌っておられたのは気づきませんでした。
      日本からの合唱団が楽譜を持たずに歌っておられるのは良い意味で目立っていました。これからもこんな交流が続けばいいですね。
      すぐイギリスで演奏会ですか?お忙しいのですね。
      Rommelさんのブログも拝見させていただきます。

      これからもドイツ、ウルムにも関わっていきたいと思っています。
      またお会いできる機会はきっとあると思いますので、その時を楽しみにしておきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA