der Spaziergang durch Eschenlohe~Hohe Kisten(1922m) / エッシェンローエからの山登り

土曜日は久しぶりになんちゃって登山をしました。
 

 
今回はGarmisch-Partenkirchenの近くにあるEschenloheからHohe Kisten(1922m)を目指します。
頂上までは時間的にも無理があるため、今回は途中の山小屋(1320m)まで登山する予定です。
 
天気は快晴、すばらしい青空でした。
アウクスブルクから電車を乗り継ぎ、11時から登山開始です。
街中を通り南東に向かいます。
街の背景には雪化粧をした山々、緑に溶け込む赤い屋根、カラフルなフレスコ画の壁、淡い青色の清らかな川に架かる橋もその川岸にあるビアガーデンも全てがきれい。
本当に美しい。
心が晴れます。
最高の登山日ですね。
そんな中一行は林道を進み、途中急傾斜の登山道を登ります。
 
森の中も気持ちが良いものです。
昼食をとり目的地に着いたのは15時でしょうか。 
山小屋の周辺はまるでエデンのようでした。
エデンなんて見たことないですけど。
 
森の中を通る大きな道、光が適度に入る森の中。
やはりしっかり森林の管理もされているようでした。
木材の集材場もありました。
日本とドイツの林業の地形的な違いについて、よく傾斜が取り上げられます。
つまり、日本は急傾斜が多く、ドイツは緩傾斜が多い。
しかし、南ドイツの山岳地帯では条件が異なります。
私は両者の地形的な違いについて一概には言えないと考えています。
 
これからも日中はまだ長くなるので、冬にはなかなか行けない山もチャレンジできそうです。
次の登山も楽しみですね。
  

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA