Der Konflikt-葛藤

アウクスブルクの夕焼けです。
いつでも誰にでも葛藤はあるものです。

昨日、一年以上かけて少しずつ少しずつ進めたFFⅩがやっと終わりました。
最近のファイナルファンタジーはストーリーが名作映画のように内容が深いものですね。
キャラクターボイスがついたことでより感情が入りやすくなったところとか、召喚士と召喚獣がストーリーのテーマになっているところとか、滑らかなグラフィックもよかった。純粋に感動しました。
といっても、10年以上前の作品ですけど。
やっとかみつキッドのFF経験値も10まで上がりました。
ドイツ語版でやったからわからないところもありましたけど。

続きが気になりますね。

4 thoughts on “Der Konflikt-葛藤

    1. okaza
      あったよ!
      http://youtu.be/YRNA4MGmEhM
      すごいねこれ、フランス語だけじゃなくてベトナム語もあった!
      あと、韓国語と中国語とドイツ語はへんなのしかなかった。
      イタリア語かスペイン語がよかった。
      みんなゲーム好きだね。

      1. ゲーム好きやなあ。。そういやチュニジアでNintendoDSしてる子どもを見たよ。
          日本人なら倒せるよね、ボス!日本人がゲーム作ったんでしょ?
        的な感じで話しかけてきたような。違ったような。

        1. okaza
          いや、すごいよ。
          日本人が作ったモノってだけでうれしいね。
          最近のゲームはホント奥が深いのもあるからね。
          勉強になるよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA