eine große Konzerthalle für Opern am schönen Biwa-See

14. November 2016

In meiner Heimat gibt es eine große Konzerthalle für Opern am schönen See. Per io l’autunno è la stagione migliore per ascoltare. Eine Musik erinnert mich ständig an eine Geschichte. Wie wenn man das Geräusch des Regens entspannend fände. Wir drücken unsere Gedanken durch nicht nur Worte aus.

La musica mi ha commosso.

19. September 2016

マエストロ・マリオ・ブルネロのハイドンチェロコン、ほんとに感動した。いつまでも拍手がなりやまなかった。ヴィヴァルディ、ヴェルディ、ロッシーニ、パガニーニ、プッチーニ、ロータ、イタリアには偉大な音楽家がたくさんいるけど、みんなこんな空気をすってたのか。

Ich war herzlich ergriffen von der schöne Musik, das Cellokonzert Nr. 1 in C-Dur von Haydn mit Maestro Mario Brunello. Der Applaus nach dem Konzert hat nicht aufgehört. Vivaldi, Verdi, Rossini, Paganini, Puccini, Rota – es gibt viele großartige Musiker in Italien. Vielleicht liegt es an der italienischen Luft?

La musica mi ha commosso. Concerto per violoncello e orchestra Hob. VIIb:1 a di Haydn con il maestro Mario Brunello. L’applauso non ha smesso dopo il concerto. Vivaldi, Verdi, Rossini, Paganini, Puccini, Rota. Ci sono molti grandi musicisti in Italia. Forse è l’aria italiana?

14329979_1246673195385357_7453132497447164711_n

ビオラペピーノ先生の家にあるベトーベン像

14364800_1246673235385353_20911643054368381_n

14409886_1246672918718718_1582462107416273271_o

授業用のヴィオリーノ

14433067_1246672752052068_2305313510003152544_n

Teatro Petruzzelli 1903

wenn man etwas neues anfängt, gibt es natürlich immer probleme

20. April 2016

wenn man etwas neues anfängt, gibt es natürlich immer probleme. letzte woche hab in einem konzert sonaten für klavier und violine von Brahms gehört. dabei hab ich gefühlt, dass die musik zur hälfte aus sanftheit besteht, wie Bufferin. die töne, die der professor mit dem 30. bühnenjubiläum spielt, sind wirklich sehr sanft und kraftvoll.

 

13071975_1134881059897905_7787588812573468206_o

ein schöner Moment / すばらしいトキを

高校の時の同級生の結婚式に出席しました。

出席と言ってもかみつキッドは演奏組。
同級生は音楽仲間でもあります。
これは前夜祭の写真。

真ん中にいるのが新婦さんです。
高校の時から美人で注目の的でした。
 
高校の部活でオーケストラをやっていたかみつキッドたちは、同期が結婚するとできる限りの人を集めて式で演奏をします。
同期は全員で24人。今回は半分の12人が集まりました。
出番が来るまで控え室で待機です。

 
みんな久しぶりに会うので話が盛り上がります。
結婚して子供がいる人、これから産む人、大きな手術をして死地を乗り越えた人、みんなそれぞれの人生を歩んでるけど、性格や話し方は10年前となにも変わらなかった。
 
出番がきました!
今回の曲目は中島みゆきさんの糸、カノン、アラジンでした。

キャプテンからのメッセージもあり、新婦さんは感動で?涙ぐむシーンも。
実は、新郎と新婦は高校以来10年越しのお付き合いでのゴールなのです。
なので新郎のこともかみつキッドたちはよく知っています、おそらく。
そんな時を経てきてこの日がある新郎新婦の姿を見て、こちらも演奏しながら感動しました。
やっぱり結婚式は人生の大きな節目であり、自分を見つめなおす機会であり、人に支えられて生きていることがわかる瞬間であり、とにかく、良い時間ですね。
 
演奏の後、みんなで集合写真をぱしゃり。

おめでとう、二人とも、お幸せに。
どれだけ離れていても仲間がいることは嬉しいことです。
ありがとう、参加できて本当に良かったです。
 
次は誰の結婚式だろうか。
 

Musik, die fröhlich macht / 元気のでる音楽

地元のオーケストラに参加しました。
 

 
メインはベートーベンの6番、田園でした。
昔のよしみでエキストラとして出演させてもらいましたが、楽しかった。
1stバイオリンの一番後ろでしたが、周りがよく見えて勉強にもなりました。
特に、アンコールのアルルでパーカッションさんがすごく頑張っていたので、自分の音がなにも聞こえなかったのが印象的でした。
 
今までは何気なく演奏会に出演していましたが、今回は特別な意味がありました。
今回初めて、いとこのりょうくんと一緒に舞台に立ちました。
彼はバイオリンを始めて3年?4年?目くらいですが、すばらしい上達振りでオーケストラにも入りました。
家族で出演してしかも隣同士でオケをすることは、すごくめずらしいことです。
不幸続きの家族を励ます気持ちで頑張りました。
 
素人ながらにでも音楽をしていて良かったと思う瞬間はこういう時に感じるものかもしれません。