Die Holzlüge (木材利用のウソ)

19. Dezember 2016

再生可能エネルギーのひとつとして注目されている木質バイオマス。木質バイオマスを燃料とするボイラーやストーブの導入が進んでいるのは日本だけではない。地域の資源を利用し自給自足かつ持続的に地域の熱供給に役立てる、いわゆる「持続可能社会」でたびたび描かれる絵がある。これは、いつも白書の見出しを飾る政府が進める政策のひとつ。

ドイツでは1,500万台の暖炉やストーブが保有されている上に、毎年40万人の新たな所有者が増えている。人口が8,000万だからやはりすごい数だろう。その需要が増えるに伴い、燃料となる木材の値段は上昇し、良い木を安く手に入れたい人々は表面的な相場で購入を判断する。この勢いに対して、既に木材調達がドイツ国内だけでは飽和状態に近く、どこから原料を得るのかが課題となっている。ドキュメンタリーでは東ヨーロッパ、特にブルガリアから違法木材が安く輸入されているストーリーを追ってる。現地を調査した記者は、環境に優しいグリーンエネルギーのイメージをもつ木質バイオマス利用が、逆に違法な伐採を促す原因のひとつとなっていることを皮肉的に指摘する。

ある意味で、木材もやはり有限の資源ではないか。ドキュメンタリーの中でも、記者の取材に抵抗する人がでてくるように、違法木材の貿易が昔より少なくなったけど今もなくならいように、地域資源を地域のために循環させようと必死に頑張ってる人がどこかで躓くように、誰かが有限の資源を私欲から扱おうとしている現われではないか。再生可能だが、決して無限ではない木材資源を利用する仕組みづくりは大切だけど、それだけではいけない。ドイツで今起きている現象は、このままいくと日本でもきっと起こる。

what is the workaholic

24. November 2016

仕事中毒者(workaholic)には、深い不安感を抱えている人が多い。自分の中に何か根本的に間違ったところがあるのではないかと感じている。存在の本質的なところで自分は人に受け容れられず、愛されもせず、他人が自分を評価するのは自分という人間ではなく、自分の仕事に対してだけではないかと考える。これを考えると、とても不安になるし自分に自信がもてなくなる。前向きな感情は特に困難な課題をうまく成し遂げることからしか得られない。

仕事中毒者の特徴は、何もしないでいることに耐えられず、常に動き回っている。我慢できないから1度に2つ、3つのことをこなそうとする。人の話をせかしたり遮ったりする。いつでも人と張り合わなければならないと感じている。待たされるととてもいらいらする。何ごとも時間通りでなければならないという強迫観念にとりつかれている。時間通りにすることが誇り。

Manfred F.R. Kets de Vries
Life and Death in the Executive Fast Lane

der Weg zum nächsten Schritt

5. Oktober 2016

Gestern war ein Gesprächtag mit meinem Professor an der Uni. Ich danke Ihnen herzlich immer für Ihre Hilfe. Zuerst muss ich auf jeden Fall die Mauer des Bayesian Algorithmus überwinden. Das ist genau wie in einem unendlichen Labyrinth, für das mir nur beschränktes Wasser und ein dickes Buch und ein denkendes Gehirn gegeben wurden. Trotzdem ist Freising heute auch wie immer sehr schön.

毎度自分の無能さに辟易するわけですが、いつも先生達には相手をしてもらって感謝してます。深いな学問。まるで途方もない迷路に独り、有限の水と分厚い本と考える脳だけ与えられている状態。それにも関わらず今日もフライジングは美しいな。

ein Weg zum Gymnasium

ein Ambiente der Uni im Herbst

ein Blick aus dem Weihenstephaner Dom

Daß es eine continuirliche, beständige, und nachhaltende Nutzung gebe. 1713
Hans Carl von Carlowitz

【eine Nachricht】 Arbeiten am Trimmdichpfad: Baum erschlägt Mann

21. Juli 2016

7月18日15時頃、ミュンヘン中心部から南東へ20kmほどの森で、林業作業員の死亡事故があったようです。

機械を操作していたルーマニア人58歳の作業員が、高さ25mの針葉樹を掴んで倒した際に、気付かず伐倒エリアにいた52歳の作業員に直撃。ヘルメットは着用していた。

事故の詳細は公表されていないので、なんとも言えませんが、作業員はベテランのコンビだったような印象を受けます。

林業に限らず、経験からくる過信や慣れは時には紙一重の状況をつくりかねません。いつも気を引き締めて安全を第一に。

Arbeiten am Trimmdichpfad: Baum erschlägt Mann

wenn ich mich mit einem Förster getroffen habe

Wem gehört ein Wald? Wer soll einen Wald verwalten? Wie soll man einen Wald verwalten? Vor ein paar Tagen habe ich eine Chance bekommen, mit einem Förster zusammenzuarbeiten. Dank der guten Zusammenarbeit hat er mir etwas von seiner Arbeit als Förster erklärt. Förster planen, organisieren und lenken sämtliche Arbeiten im Wald, angefangen von der Pflanzung der Bäume, über die Waldwegeunterhaltung bis hin zur Pflege junger Bestände und zum Holzeinschlag. Außerdem sind Förster schnell vor Ort bereit, wenn es Probleme im Wald gibt. In Deutschland denke ich immer, dass die Menschen, die im Wald arbeiten, ein starkes Verantwortungsgefühl haben.

森は誰もモノ?誰がどのように管理すればイイの?

先日、アウクスブルクのフォレスターと一緒に仕事をする機会がありました。フォレスターとは、大体は公的立場で森林管理を仕事として担当している人です。例えば、木を植えて、動物に食べられないように保護して、明るい森になるように間引きして、大きくなったら切って、また植えて、、、というような計画を立てるのも仕事です。また、なにか災害が起こり、森が壊れたときはフォレスターが動きます。

森は自然そのもので、木材として使うだけではなくて、色んな役割があります。水を蓄えてきれいにしたり、暑い日には涼しい森の中で休むこともできます。そんな役割も考えながら、森を管理していくことは大変なことです。

ドイツではいつも思うことですが、フォレスターに限らず、大抵の森を扱う仕事をする人は、森林を管理するという責任感があり、それに対する義務を裏付ける社会的仕組みや社会的状況が明確であると感じ ます。簡単に言えば、フォレスターは森の仕事をする人、専門家であることは自他共に認識されていて、信頼するのは当然だということ。私がこれまでに出会ったドイツのフォレスター達は、みんな責任感が強く、その 社会的役割もはっきりしているため、しっかり自分の意見を持っていました。森林所有者や市民もそんなフォレスターを信頼し、安心して専 門家に森を任せているという雰囲気を感じます。

ただ、日本では非常に評価が高いフォレスターも完全ではなく、苦手なことや気の合わない人もいます。ひとりでダメなら複数で取り組む、ただ、個性を忘れずに、やってみてできなかったらあやまる。

そんな人間くさいところにすごく好感を覚えます。1

2

3

4

Highlander movie (Konrad, ORF)

 

“Man kommt hier nämlich mit der Holzarbeit nur sehr schwer hin. Ich keuch schon, wenn ich diesen steilen Hang raufkomm, aber stellen Sie sich jetzt einmal vor, die Holzarbeiter müssen hier Bäume fällen und auch noch abtransportieren. Das ist nicht nur eine schwierige, sondern auch gefährliche Arbeit. Ein Kärntner Unternehmen hat jetzt einen stählernen Holzfäller entwickelt, der selbst in so unwegsamem Gelände zurechtkommt.”

(00:00 – 00:26)

女性キャスター:
ここは林業の作業が非常に困難な場所です。私はこの急な斜面を登るだけで息を切らしているのに、林業の作業者(Holzarbeiter)の状況を想像してみてください。作業者はここで木々を切り倒すだけだけではなく、その後運び出す作業もあります。その作業は難しいだけではなく、とても危険な仕事でもあります。最近、ケルンテン州の会社によって、このような地形でも動ける新しい鋼鉄製の林業機械が開発されました。(ケルンテン州はオーストリア南部に位置する州です。州都はクラーゲンフルトです。)

 

Holzarbeit im Waldviertel anno 1923. Die Axt als traditionelles Werkzeug reicht bis in die Steinzeit zurück. Die Säge ist zwar auch schon seit der Antike bekannt, wurde aber mehr von Chirurgen benutzt. Erst seit 200 Jahren wird in Mitteleuropa Holz gesägt. Vor 80 Jahren wurde dann die erste Motorsäge entwickelt. Nicht gleich war sie so handlich wie heute. 4 bis 7 kg wiegt so ein Modell, 60 kg wog die erste von 2 Männern bediente Elektrosäge.

(00:27 – 00:57)

ナレーション:
1923年の林業現場の作業風景です。斧という道具は石器時代以来使われています。鋸も古代から知られていますが、最初は外科医により利用されていました。中央ヨーロッパでは、200年前から木を切るために鋸が使われています。80年前に初めてチェーンソーが開発されました。しかし、今日のように扱い易いものではありませんでした。今は4~7kgくらいの型ですが、最初の頃は2人で動かされ、重さは60kgもありました。

 

Die Arbeit mit der Motorsäge ist gefährlich. 2005 passierten 500 Unfälle, davon 15 tödlich. Plötzliches Hochschlagen der Säge gefährdet vor allem das linke Bein und den linken Arm. Durch die Vibrationen kann es zu schweren Durchblutungsstörungen kommen.

(00:58 – 01:15)

 

 

Gefährlich ist die Waldarbeit in steilen Hanglagen. Dort wird die sogenannte Rückung des Holzes, der Transport aus dem Wald, mitunter lebensgefährlich. Deshalb haben findige Österreicher diesen neuartigen Harvester entwickelt, der für gebirgige Lagen tauglich ist. Ein Drittel der fast 4 Mio. ha Wald liegt nämlich im Bereich über 60 % Hangneigung, ein Drittel zwischen 30 und 40. Nur ein Drittel umfasst Lagen bis moderate 30 % Steigung. Diese künstliche Böschung ist selbst mit fast 100 % für den neuen Typ gerade noch so zu schaffen. Herkömmliche Erntemaschinen passen schon ab 30, 40 % Hangneigung, aber gerade dort steht das meiste Holz.

(01:16 – 02:10)

チェーンソーでの作業は危険です。2005年には500件の事故があり、15件が致命的なものでした。鋸が急に上がってしまうことにより、左足と左腕に危険が及びます。振動によっても、血の巡りに悪影響を及ぼす可能性もあります。

ナレーション:
急傾斜での作業は危険です。木材の搬出をするときには、ときどき命の危険もあります。そのような理由から、オーストリアの人はこ の山の多い国に相応しい新型のハーベスタを開発しました。約400万haの3分の1は60%以上の傾斜地に、また3分の1は30~40%の傾斜地にありま す。残りの3分の1は30%以下の傾斜地にあります。この100%近くある人工の坂でもこのハーベスタはまだ悠々と登ることができます。従来型では 30~40%が限界ですが、そこに最も多くの木材があります。

 

“Die Vorgabe für die Entwicklung von Highlander, der von uns komplett entwickelt wurde, ist eigentlich die Situation im Steilhang, wo man natürlich Steigungen bis 50, 60 % jederzeit überwinden kann. Aber es geht immer wieder um Hindernisse, die man dann überfahren muss. Aus diesem Grund ist eigentlich das Konzept entstanden.”

(02:11 – 02:33)

男性インタビュー:
この『ハイランダー(Highlander)』を開発したときの課題は、急傾斜の攻略でした。ここでは、50、60%の傾斜を登れることに加え、超えなければならないハードルもたくさんあります。そのような条件に応えるためにこのコンセプトができました。

 

Der Boden ist weich, es werden schwere Ketten angelegt. Die Ketten haben den Vorteil, dass sich die Räder im Fall eines weichen Waldbodens nicht stark einwühlen. Die Maschine rutscht nicht während der Fahrt, sonder bleibt stabil in der Spur. Reifen haben gegenüber Raupenfahrwerken den Vorteil, dass der Luftdruck verringert werden kann. Auch das entlastet den empfindlichen Waldboden. Trotz der großen Furchen, die das 250 PS starke Monster hinterlässt, regeneriert sich der Waldboden rasch. Der aufgewühlte Boden hat sogar einen Vorteil, meinen Experten. Samen könnten besser eindringen als in dichte Moosböden und die Erde durchmischt sich besser.

(02:34 – 03:20)

ナレーション:
地面が柔らかいため、重いチェーンを付けます。チェーンはタイヤを柔らかい地面に沈ませない役割があります。そうすれば、機械は運行中にすべらないで、しっかりした軌道を確保できます。無限軌道?に比べ、タイヤは空気圧を下げることができ、森の地面にかける負担が減ります。250PS(最大出力?)もあるこの「モンスター」は大きな畝が残るのにも関わらず、森の地面が回復するのが早いのです。地面が起こされてることに逆に良い効果があると言っている専門家もいます。そうすることにより、びっしりとコケがついてる地面よりも種子が入りやすく、土がよく混ぜられてるのです。

 

Harvester fahren ist nichts für schwache Nerven. Wie das geht lernt man in Ort bei Gmunden. Ein professioneller Pilot ist man erst nach 1000 Sunden Praxis und dann kennt man nicht nur sein Gerät präzise, sondern auch die Arbeit am Standort. Wichtig ist z.B., dass benachbarte Bäume weder am Stamm noch an den Wurzeln geschädigt werden. Im Minutentakt werden die Bäume gefällt und geschultert. Damit der flinke 20-Tonner dann auch in kritischen Situationen so leichtfüßig unterwegs ist, kann die Achse verlegt, verlängert, verkürzt oder schräg gestellt werden.

(03:21 – 04:12)

ハーベスタを運転するには繊細な神経が必要になります。ハーベスタの運転を学ぶ学校は、Gmunden市の近くにあるOrtという町にあります。一人前の運転手と認められるには1000時間の練習が必要になります。その練習をこなしていけば、機械を十分に理解できるだけでなく、働く現場の状況もしっかり掴むことができるようになります。大事なのは例えば、周りの木の樹幹にも根にも傷をつけないことです。木は1分ごとに切り倒されて置かれていきます。20トンの速い機械がどんな場所でも軽く動くことができるために、車体を敷く・伸ばす・縮める・傾けることで対応します。

 

“Wow, das ist ja eine monsteriesige Maschine. Jetzt werd ich auch mal ausprobieren, wie man diesen Kran bedient. Hallo Markus!”

“Hallo!”

“Da raufkommen is allein schon schwierig, gell?”

“Geht’s”

“Ja, Moment, ich rutsche hier. So, perfekt.”

“Genau, bisschen mehr Gas geben. Das is dieser Knopf da.”

“Das is ja Millimeter-Arbeit, ganz ganz leicht lässt sich das bewegen. Jetzt nur eine Frage: Du bist da ganz allein immer im Gelände. Was is wenn’s eigentlich mal haarig wird oder was passiert? Hast du dann Kontakt zur Basis, oder?”

“Da hab ich einen Kontakt im Prinzip, da geb ich dann einen Notruf ab im Prinzip und dann wissen sie genau Bescheid, wo ich bin und…”

(04:13 – 05:05)

女性キャスターと作業者の会話:
「この機械、本当に大きいですね!私も今からクレーンを動かしてみます!こんにちは、マルクス!」
「こんにちは」
「ここを登るだけでも難しいですね?」
「大丈夫?」
「ええ、ちょっと待って、ここ滑ります!よし、完璧!」
「そうそう!もっとアクセル出してみてください!そこのボタンで。」
「えっ?これものすごく敏感ですね!ちょっと動かすだけでいいのですね。質問ですが、あなたが作業をするときはいつも一人で外にいますよね?もし危険な状況になったときはどうするのですか?事務所とはコンタクトできるのですか?」
「ええ、一応事務所と繋がってて、緊急信号を出せば事務所は私のいる場所が明確に分かってて・・・」

 

Wie auf einer Schreibmaschine werden pro Joystick 28 Funktionen bedient. Am Beginn der Arbeit werden Baumsorte und -qualität eingegeben. Der Computer schneidet dann automatisch die Längen. Außerdem ist der Fahrer an das nächste Sägewerk angeschlossen und nimmt spezielle Aufträge per E-Mail entgegen.

(05:06 – 05:25)

ナレーション:
タイプライターのように、1つのジョイスティックで28種類の機能を操作します。作業の始めに木の種類と品質を記入し、コンピュータが自動的に木を相応しい長さに切ります。また、運転手は最も近い製材所と繋がっていて、Eメールで特別な注文を受けます。

 

Das ist eine der wichtigsten Funktionen des neuen Harvesters. Er kann gefällte Bäume sicher bergab zur Forststraße transportieren. Damit wird der Transport wirtschaftlicher und ungefährlicher.

(05:26 – 05:37 )

これは新型ハーベスタの最も大切な機能です:切り倒された木を山を降りて安全に林道まで運ぶことができます。そのおかげで、搬出がより経済的で安全になります。

 

Äste, die bisher im Wald verrotteten, werden jetzt getrennt und als Biomasse an die Fernwärme verkauft. Damit erschließt sich eine weitere Erwerbsquelle. Ob der Waldboden von der Entrümpelung profitiert, darüber sind sich Experten uneinig. Das ist standortabhängig, sagen sie. Stehen nur Fichten, wie hier, bleibt dem Boden nach der Ernte nichts mehr übrig und er wird nährstoffärmer und saurer.

(05:38 – 06:04 )

今までは森の地面の上で腐っていた枝は、現在では片付けることができ、バイオマスとして売られます。これは新しい収入源になります。ただ森の地面に対しては枝を片付けられることについて良いことかどうか専門家により意見が異なります。ここのようにトウヒ(Fichte)しかない場所では、収穫のあとには何も残らず、土の栄養分が減り、酸性になります。

 

Weil der Harvester in steilen Lagen sicher arbeiten kann, lassen sich Ernterückstände aus der Vergangenheit aufarbeiten. Dort wo Holzarbeiter nie hinkommen, kann der neue Harvester zuschlagen, denn derzeit wird noch immer weniger geerntet als jährlich an Wald zuwächst. Es gibt aber auch kritische Stimmen. Mehrere Wissenschaftler….

(06:05 – 06:25 )

ハーベスタにより急傾斜で安全に作業ができ、以前では収穫することができなかった木材が手に入るようになった。現在でも年間に伐採される木材は新しく生える木材よりも少ないので、普段は作業者が全く作業することができない場所でハーベスタはしっかりと働いてくれる。批判的な意見もあるが。何人の専門家が(ビデオ切れ)

 

Mein Gegner muss gut sein. / 良い相手だ

今、高知からの帰途にいます。

日曜から出張していました。

今日はH型架線集材という木材集材システムの撮影をしました。

撮影といっても、素人のかみつキッドがカメラをまわすのではなく、東京のスタジオからプロのディレクターとカメラマンを招集して現地を周ります。

林野庁の事業に採択された全国にある林業事業体を周り、事業の成果を映像として記録するのです。

この記録が日本の林業を確実に進歩させることでしょう。そう信じてます。

これもかみつキッドの仕事のひとつです。

ときどき大学にいては決して分からなかったことを感じます。

肌で感じる冷たい空気も
木々が擦りあって軋む音も
プロセッサで造材する速さも
花粉が雪のように降り注ぐ地獄絵も

現場にいるからこそ実感ができることです。