auf der Hochzeit – 結婚式にて

いとこの結婚式がありました。
 

 
かみつキッドの従兄弟たちは7人全員男で、ほとんど年子になっています。
その一番年下の通称「韓流スター」の結婚式でした。
一昨年あたりからの家族での不幸が続くなか、本当におめでたいことです。
親戚一同が集まるのも本当に初めてなくらい久しぶり?です。
みんな兄弟のように育ってきた仲なので大変喜ばしいことです。
素晴らしい式場で美味しい料理も沢山いただき、やはり最後のメッセージは感動しました。
結婚式は人生のターニングポイントなのですね。
 
興味深い話を少し。
日本の結婚式は簡単に言うと『なんちゃってヨーロッパ風』です。
チャペルでの挙式やドレスなど、欧米のウェディングスタイルを真似ている部分を多くみかけます。
しかし、日本にもともとある様式や風習もその中に垣間見ることができると言えます。
例えば、結婚証人のサイン。
日本の人前式では、両親を初め出席者による新郎新婦が結婚することへの証人としての役割を求められます。
出席者による承認の拍手も同じです。
ドイツでは式出席者を証人にするのではなく、戸籍を役所に届けるときに少数の証人にサインしてもらう程度です。
また、結婚指輪の披露などもしません。
人前式の前に行う両家の親族紹介もありません。
 
多くの日本の結婚式では、披露宴のときに勤務先の上司から挨拶を頂いたり、両親が出席者のテーブルを周り挨拶しながらお酒をついだり、ゲームをしたり、人生を振り返るムービーを流したり、友人がお祝いの演奏をしたり、そして披露宴の最後には娘から両親への感謝のメッセージがあり出席者を涙ぐませます。
イベントには両親や家族も頻繁に取り上げられます。ウェディングケーキのサンクスバイト(サンクスというコンビニでバイトすること??)など。
しかし、ドイツでは式の中心はあくまで新郎新婦です。
プライベートなパーティなので勤務先の上司はあまり呼ばず、仲の良い友人や知人を招待します。
また、ドイツでは感動のメッセージは父親が娘のためにスピーチします。
 
日本の風習や日本人の心はこういったところに見られるのではないでしょうか。
世間での付き合いをより大切にしていること、これまで育ててくれた両親への感謝の心、これからもお世話になる周りの人たちから指導を仰ぐ姿勢、両親や人生の先輩方を敬う心、欧米のウェディングスタイルを吸収した日本の結婚式ですが、日本人の美徳意識が表れたような日本人の心は残っているような気がします。 
どちらのスタイルが良いとかではなくただ単純に面白い!と思いました。
素人ながらに色々と考えさせられた結婚式でした。
 
末永い幸せをお祈りいたします。
おめでとう。
 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA