ハンニバル様のゾウハーベスタ

今日は大型機械が動いてるぞ!と言うので、
ボスに連れられオフィス近くの私有林に行きました。
 
これは切った木を運ぶための機械、フォワーダですね。

 
危険なので近くからは見れませんでしたが、こんな感じでした。
切っているのは20mくらいのマツです。
木をつかんで下を切って倒します。
倒してから適度な長さに切って、しかも枝払いも同時に行います。
一本をさばくのに1分くらいかな。


 
時間があまりなかったのでゆっくり見学できませんでしたが、ドイツでも特に大型のハーベスタのようです。
なんでも一年に一度くらいしか見れないんだとか。
ハンニバル、ハンニバル!! ってボスたちは言ってましたが、ドイツの会社の名前?のようですね。
なんでハンニバル??ゾウに乗ってる人間???
 
林道もきれいに整備されていました。
もちろん作業道もいたるところにありました。
ここは全く傾斜がなく大型機械もなんなく入れる森林でした。

 
ここはマツとブナの複層林になっています。
また、トウヒの単層林もありました。

 
ボスいわく、このへんはチェーンソー8人チームで一年間で20,000㎥切ることができるが、大型ハーベスタだと一週間で1,000㎥切れる!
ついてきた地元の森林所有者さんも一緒に見学しました。
ドイツ語名をそのまま日本語にするとスモールジュータンさんです。
恰幅のいいおじさんです。
林業機械を敵視するスモールジュータンさんは、
「あヾー、これ見てらんねえよー!!心もお腹も痛くなるー!!」
と笑いながら叫んでいました。
つまり、それぐらい色んな意味で恐ろしい機械なのですね。
 
ボスは普通のドイツ語を話しますが、地元の森林所有者さんたちはバイエルン語なのですね。
バイエルン語はもう外国語のようですね。
どうやらドイツ語とバイエルン語のふたつ学ぶ必要があるようです。
頑張らないと。